余部鉄橋の見納め(2)


途中からご覧の方は最初からどうぞ→余部鉄橋の見納め(1)
今日も写真多めでいきますよー!
IMG7_20815.jpg
じつは餘部駅で下車した人はこんなにたくさんいました。
香住駅から団体客がどっと乗車してきたんです!
では下へ降りてみることに・・・
IMG7_20853.jpg
余部観光協会の観光マップも新しくコンクリート橋に描き換えるのかなあ…
IMG7_20857.jpg
そして余部鉄橋の横っ腹が見える場所に出てきました。
手前の3つの橋脚にはブルーネットが掛かってないのは、この部分だけ残して展望台にするらしいです。
IMG7_20868.jpg
山の斜面には作業員の姿も。
IMG7_20875.jpg
そして、こんなところに仮設階段が設置されてました。
IMG7_20878.jpg
余部鉄橋の橋脚の間を降りていくんです。
IMG7_20879.jpg
駅から下に降りる道中にはこんなのぼりが何本も立ってました。なんか寂しいねえ~
IMG7_20888.jpg
以前は線路脇にあった鉄橋の説明看板も下ろされていました。
IMG7_20890.jpg
では鉄橋の全景を撮るべく、路地をテクテク歩いていきます。
IMG7_20894.jpg
この日は日本海方面の雲がこんな風に水平線ギリギリに覆っていて珍しい光景でした。
IMG7_20897.jpg
こんな雲具合って珍しいのかも…
IMG7_20953.jpg
しかしまあ、こんな山のどてっ腹に鉄橋を架けたもんですなあ…
IMG7_20925.jpg
トンネルの途中には電車がちら見できる箇所もあったりします。
IMG7_21025.jpg
こんなええ風景も見納めとなってしまいます。
IMG7_20974.jpg
海側からの景色は最高ですね!
IMG7_20978.jpg
IMG7_20994.jpg
とそこへ、電車がやって来ました!!
IMG7_21003.jpg
やっぱり電車が通過するところは絵になるなあ。
IMG7_21005.jpg
山側が霧に覆われたなかを通過するのもかっこええですなあ…
IMG7_21008.jpg
橋脚がちょっと痛々しい姿ですけど、見納めに来てよかったと思える瞬間でした!
IMG7_21047.jpg
このバス停もええ味だしてるなあ…
IMG7_21057.jpg
鉄橋の袂にはこんな看板も設置されてました。
明治時代から架かってるって改めてすごいなあと感じます。
IMG7_21064.jpg
真下に近づくにつれ、余部鉄橋の高さがすごいということに気付かされます!
IMG7_21075.jpg
反対側から見ると、新しいコンクリート橋梁に隠れてしまい、ちょっと残念…
IMG7_21079.jpg
この部分の橋桁だけがまだ繋がってないのは、古い鉄橋を撤去してから新しい橋桁を従来のトンネルと繋ぐからです。
では山側からの様子をドーンといってみよう!
IMG7_21108.jpg
IMG7_21101.jpg
IMG7_21081.jpg
IMG7_21092.jpg
今度は『特急はまかぜ』が通過していきました。
でもこっち側からだと、新橋梁を走ってるように見えてしまいます。
IMG7_21125.jpg
天気は悪かったけど、最後に余部らしい風景が見れて良かったのかも。
IMG7_21152.jpg
そして余部滞在たったの2時間で、帰りの列車に乗り込みます。
ここからまた5時間近くかけて大阪への帰途につきました。
なんとか滑り込みですが、こうして見納めができて満足でしたね。
最後に、動画を何本か撮ったのでそれもアップしておきます。
余部鉄橋を渡る(鎧駅→餘部駅)

余部鉄橋を列車が通過する

新橋梁を眺めながら、余部鉄橋を渡る


カテゴリー: 番外編 パーマリンク

余部鉄橋の見納め(2) への6件のフィードバック

  1. 淡島八景 のコメント:

    SECRET: 0
    PASS: fd3af0be6e6c286c73361bcf045e2867
    お早うございます。淡島八景です。旧橋梁最終日に乗車できたとは羨ましい限りです。やっぱり駅でも橋の下でも観光客や鉄道ファンでごった返していましたか?
    私が最初に訪れたのは15年程前の真夏、実家に帰省した時ですが、駅に降り立ち橋を眺めるために余部の集落への急な狭い道を歩いていると、丁度蝉時雨の木立の中から名も知れぬ美しい揚羽蝶が一匹ひらひらと私の前を舞って行きました。余部の集落から日本海の絶壁を削った道をバスに揺られて辿り行くと御前(みさき)と言う燈台で有名な集落があるのですが、そこは平家の落人伝説がまことしやかに伝えられています。そして平家の家紋はあの揚羽蝶、駅前で見たあの胡蝶は死者の魂では・・・などと背筋が寒くなりましたね。
    ところで、カオスさんは「はまかぜ」には乗車されましたか?キハ181はいいですよね。あのスタイリッシュさとは無縁の百戦錬磨の荒武者の如き厳つい顔かたちと怒涛のエンジン音、それに歯切れの悪い「アルプスの牧場」のチャイムなどなど、何度乗っても病み付きになります。私は「まつかぜ」の頃から何度も乗っていましたけれど、全国の国鉄型特急が次々と新型に置き換わってゆく中但馬地区だけが時代に取り残され、「いつになったら新車が入るんだろう」と待ちわびていたのですが、いよいよ11月から新型に置き換わるんですよね。「北近畿」にも287系という新しい車輌が来年から入りますし、まあ正直言って利用者としては歓迎するのが当然ですが、長年馴染んだあの旧い列車にもう乗れなくなるというのは何とも淋しい限りです。
    長文失礼しました。

  2. TOSSY のコメント:

    SECRET: 0
    PASS: 7961dc917e06640016068f33abbd81d7
    いいですねぇ 古い鉄橋と新しいコンクリ橋 民家 そこへ赤いローカル列車 なんともいえない風情ですね
    学生時代 寮生に餘部出身の子がいまして この鉄橋のことをはじめて知ったのはその友人からでした
    餘部鉄橋は 見たことが無いまま なくなってしまいますが こうしてカオス様が詳細にレポートしてくださって うれしいです
    竹野あたりまでは何度か海水浴に行っていますが カニを食べに一度行こうかなどといいながら城崎あたりで済ませていました
    100年間 本当にご苦労様といいたいですね
    はまかぜも秋には新車に代わるとか
    カニカニエキスプレスで はまかぜには乗ったことがあります
    ところで ニュースで すこし回転させてトンネルと新しい線路をつないでいましたが その間 列車は 走っていませんよね
    バスの代代え輸送だったのでしょうか
    もう新しい橋梁を列車は走っているのですか

  3. Conny のコメント:

    SECRET: 0
    PASS: 2f7b52aacfbf6f44e13d27656ecb1f59
    いつも綺麗なお写真楽しく拝見させて頂いています。
    香住とか城之崎とか近くまで行くことは度々あったのに、
    「まぁ、いつでも行けるかな・・・」とか思っているだけで、
    結局、鉄橋を見にいかずの人生でした(^_^;)
    しかし、カオスさんのブログで、さよなら鉄橋のバーチャル体験できた感じです。
    ありがとうございました。

  4. カオス のコメント:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    じつは最終日じゃなくて、6月29日に行ってきたんですよ。
    何人かは撮影しに来てましたが、それほど混雑してなかったです。
    帰りは香住駅から「はまかぜ」に乗りましたよ。まさに淡島八景さんのおっしゃる通りの列車ですね!
    これも新型に切り替わる前に乗車できて満足でした。

  5. カオス のコメント:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    ありがとうございます。このTOP画像は僕もお気に入りの1枚となりました。
    TOSSYさんはこの鉄橋を見たことがなかったんですか。なんか意外な感じがします。
    鉄橋の架け替え工事は7月17日~8月11日までだったかな?
    もちろん、その間は列車は橋を渡れませんので、代替バスが運行するはずです。

  6. カオス のコメント:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    コメントありがとうございます。
    僕もずっと同じように香住ぐらいまでしか行ったことがなかったです。
    2年前に初めてここを訪れて、あの鉄橋の姿に感動した覚えがあります。
    今回はなんとしても見納めしておきたかったので、実現してほんとによかったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。