高架沿いをぶらり(後編)

高架シリーズ後編です。
森之宮をスタートして、高架を眺めつつ中央大通を西へぶらっと来ております。
法円坂、谷町4まではバリエーションもそんなになく、わりとノーマルコースでした。
IMG7_8612.jpg
さて、松屋町筋とぶつかる農人橋交差点です。
ここは歩行者用の横断歩道はなく、四方すべて歩道橋となってます。
もちろん歩道橋をぐるっと周りますよ。
IMG7_8617.jpg
上からの眺めです。
さて、阪神高速のほうへ歩いていくことに。
IMG7_8619.jpg
東方向の眺め。
阪神高速の両側にあった高架側道が橋脚の下に潜り込んでます。
IMG7_8637.jpg
高架の真下から見ると、これまたいい眺めです。
IMG7_8625.jpg
西方向の眺め。
普段はなかなか気が付きにくいけど、橋脚があみだくじのようになってます。
歩道橋はこの風景を眺めるために造られた展望通路に違いない。
IMG7_8659.jpg
歩道橋西側から東方向の眺め。
気持ちもスカッとするような4本の高架道路です。
両端はそれぞれ、環状線→東大阪線、東大阪線→環状線の合流です。
IMG7_8670.jpg
歩道橋からの絶景を堪能したので、さらに西へと進みます。
IMG7_8681.jpg
さっきの高架側道もここから再び上昇していきます。
そして、ここからがすごいことになってるんです。
IMG7_8689.jpg
もうちょっと進むと、詳細がよく見えてきました。
橋脚の下に建物があるのか、建物の上に橋脚が乗っかってるのか・・・
そう!ここからが船場センタービルがずーっと並んでいるんです。
そして、真ん中の一般道はこの先でまた両サイドに広がって、阪神高速を挟むようにして四ツ橋筋まで続きます。
IMG7_8692.jpg
ちなみに船場センタービルは1号館から10号館まであります。
大阪人にはおなじみの光景なので、今更とくに驚いたり取り乱したりすることはないですが、
全国的にみても珍しいんでしょうかねえ。
IMG7_8696.jpg
しかし、よく見ると結構複雑な構造ですね。
IMG7_8714.jpg
中から見上げると、これまたエエ眺めですわ。
IMG7_8728.jpg
ぼちぼち進んでいると、堺筋とぶつかる久太郎町1交差点まで来ました。
もうこの辺りでは一般道は両サイドに出てます。
IMG7_8745.jpg
船場センタービルはまだまだ西へ続いてます。
IMG7_8764.jpg
御堂筋です。
両サイドの一般道がだんだん下りてきました。
IMG7_8769.jpg
御堂筋の下はさっきと違って高架道路の下側もお金をかけているようですね。
きれいに処理されてます。
夜に御堂筋側から見ると、側道の横にはイチョウの形をしたライトアップも見ることが出来ます。
IMG7_8767.jpg
そしてついに10号館です。
ここから橋脚もどんどん長くなっていきます。
IMG7_8786.jpg
ここまでくると、もうわけわからん状態になってきてます。
IMG7_8789.jpg
前回記事よりもさらに低い桁下2.0mです。
IMG7_8800.jpg
ここまで低いと、通れるとわかっていても自然とスピードも落ちますね。
中央付近には引っかき傷が多数残ってました。やっぱりトラックが引っ掛けるんかな?
IMG7_8801.jpg
交差点中央まで行くと高架3段活用を堪能できます。
IMG7_8815.jpg
こんなアングルで見るのは初めてで、新鮮でした。
少し角度が変わるだけで景色がガラッと変わるもんですね。
IMG7_8819.jpg
縦位置ならこのアングルかな。
IMG7_8823.jpg
四ツ橋筋まで来ると、急に視界が開けて空も広いです。
さあ、どんどん進みますよ。
IMG7_8829.jpg
なにわ筋です。
ここでは片側だけ歩道橋があるので、もちろん上ってみます。
IMG7_8831.jpg
西方向の眺めです。
左右に広がっていた阪神高速が徐々に間隔を詰めてきてます。
IMG7_8840.jpg
そして、望遠200mmではなかなかの景色です。
東大阪線から神戸線への1段上がって右カーブの様子も捉えることができます。
今回の目指す最終目的地はちょうどあのカーブの真下です。
IMG7_8845.jpg
なんかこの橋脚もじっくり見るとすごいなあ。
左右で微妙に高さが違うぞ!
IMG7_8850.jpg
最初からこんな設計やったのか・・・はたまた別の理由があるのかはわかりません。
IMG7_8849.jpg
なんかとてつもない光景になってきました。
ここは車でよく通るんですけど、こうしてじっくり見ると改めてすごいなあ。
IMG7_8862.jpg
そして遂に最終地点に到着です!
見事な光景だ!
IMG7_8877.jpg
ここがかの有名な阿波座ジャンクションです。
しかし最大広角でも18mmでは全然足りないぞ!
IMG7_8870.jpg
阪神高速はさらに西へ続いており、この先には天保山ジャンクションがあります。
さらにそこから湾岸線を北に進むと、北港ジャンクションも君臨しています。
参考記事→大阪市内のジャンクション
IMG7_8891.jpg
まるで、巨大なマッコウクジラの骨格のような橋脚の間を車が走っていますね。
IMG7_8894.jpg
おおっ!
高架道路に覆い尽くされたわずかな隙間から太陽の光を捉えることができました。
偶然とはいえ、いい瞬間に出会えました。
IMG7_8901.jpg
どのアングルからでも絵になるなあ。
(18mmで精一杯がんばって撮ってます)
IMG7_8930.jpg
北方向の眺めです。
橋脚の幅もごっつ広いです。
IMG7_8942.jpg
いつかは10mmクラスの超広角レンズで撮ってやる!と固く心に誓ったのであった。
<おまけ>
そういえばこの地点でもあの白い怪物を目撃しました。
新幹線!深夜の街を大激走!!

カテゴリー: その他エリア パーマリンク

高架沿いをぶらり(後編) への8件のフィードバック

  1. POPS のコメント:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    中央大通は、車でたまに通ります。
    改めてみると、ホントすごいですね。
    特に、下から3つめの写真は、圧巻です。

  2. (●^o^●) のコメント:

    SECRET: 0
    PASS: 8f9c9cf98f12b4ddb5d4be4af0fe0793
    ほんと圧巻、よく造るなーって
    蟻が地中にトンネルの巣穴を縦横に作るように
    人間の道路を造る習性、性のようなものも感じます
    多重構造美とも言えばいいのでしょうか
    またいいものを見せてもらいました

  3. ファジー のコメント:

    SECRET: 0
    PASS: 69c2762642283930977950bfc5eab724
    かなりの長距離ご苦労様です。
    谷四から九条まで歩いたことがありますが、普段見落としていた風景に出会えて退屈はしませんでしたね。
    でも毎日歩けといわれると・・・。
    さて、昔は、四ツ橋筋との交差点から阿波座附近まで中央に広く緑地帯があったのですが、湾岸線の開通によりゲートが出来てこんなコンクリートジャングルになってしまいました。
    船場センター街の中もなかなかディープなナニワ模様を展開していて面白いですよ。

  4. Econ のコメント:

    SECRET: 0
    PASS: ccdde9e6129495f35cb9c253356e37be
    最近この辺を歩く機会が多いのですが、やっぱりいいですね、高架は。
    今度デジ一片手に歩いてみたいです。
    ご存知かもしれませんが、こんな企画があるそうですよ。
    http://blog.livedoor.jp/sohsai/archives/51638634.html
    自分も行きたいですが、同日南港の方である某イベントの売り子として参加予定なので
    行きたくても行けません……

  5. カオス のコメント:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    阿波座ジャンクションはほんと凄いです。
    どこから眺めても絵になりますね。

  6. カオス のコメント:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    多重構造美とはいい表現ですね。
    まさにその通りだと思います。

  7. カオス のコメント:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    ええ!湾岸線が開通する前は緑地帯があったなんて知らなかったです。
    というより、記憶に残ってないだけかもしれません。
    船場センタービルは最初に勤めてた会社のすぐ近所だったので、よく昼飯食べに行ってましたし、探検もよくしてました。
    ほんとディープ大阪のひとつですよね。

  8. カオス のコメント:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    このルートはぜひ歩いてみることをお勧めします。
    車で走るだけでは絶対もったいないですよ。
    あっその企画は知ってました。もちろん参加しますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA