高架沿いをぶらり(前編)


正月は大阪市内中心部も交通量がぐっと減るので、2日に高架沿いをぶらっと散歩してきました。
(散歩といってもいつものように自転車ですけど)
じつは年末に高架橋脚ファンクラブに入会しました。
このブログでもジャンクションの記事をいくつかアップしており、待ってましたという感じです。
HPはこちら→高架橋脚ファンクラブ
拠点が東京なので、大阪の高架橋脚の実力はすごいぞ!というところもアピールしたいですね。
IMG7_8272.jpg
スタート地点はJR環状線の森之宮駅です。環状線の上を交差しているのは阪神高速13号東大阪線です。
IMG7_8283.jpg
中央大通沿いを西に向かっていきます。
ちょうどここからは上町台地を越えていくルートになるので、橋脚も変化に富んだものとなっていておもしろいです。
IMG7_8294.jpg
しばらくすると歩道橋があるので、その上から東方向を眺めてます。いい景色だ。
IMG7_8296.jpg
西方向に目を移すと、城南交差点が目の前に。城南の城とはもちろん大阪城です。
もうすこし歩道橋の中央寄りから望遠で撮ると、おもしろい光景が。
IMG7_8302.jpg
阪神高速の高架が一旦下がってからまた上がっているように見えます。というか、ほんとにそうなってるんです。
種明かしは後ほど。
どんどん西へ行ってみると・・・
IMG7_8355.jpg
ほんとに高架じゃなくなってます。
そして阪神高速を跨ぐ歩道橋もあるんです。
IMG7_8401.jpg
この宮跡歩道橋を上ってみることに。
中央には阪神高速が、その両側が中央大通となってます。この辺りはほぼフラットになってます。
IMG7_8398.jpg
さすがに歩道橋の上には高い鉄柵があってクリアな撮影は困難ですけど、高速道路の真上に立つのは気持ちがいいですねえ。
IMG7_8373.jpg
フラットな状態の阪神高速も、あそこからはまた高架になってます。
では、なぜこんな構造になっているかというと・・・
IMG7_8486.jpg
その答えはこれです。
一見、ただの緑地に見えるこの場所は・・・
IMG7_8505.jpg
難波宮跡なんです。
この辺り一帯は飛鳥・奈良時代には豪華な宮殿が建ち並び、現在も地面の下には遺構が残っているんです。
阪神高速の建設時にいろいろ協議した結果、難波宮跡の遺構の保存と大阪城の景観を確保するために平面となったんです。
さすがにこの場所の地下に杭を打ち込むことはできないので、特殊な構造になってるらしいです。
IMG7_8491.jpg
ちゃんと大阪城天守閣も見えてます。
IMG7_8502.jpg
そして、難波宮跡を過ぎれば急勾配になっている様子がよくわかります。
IMG7_8520.jpg
法円坂交差点です。
上町台地はここから下り坂となります。
またまた歩道橋ですねえ。これは上から眺めるしかないでしょう。
IMG7_8545.jpg
法円坂歩道橋から東方向の眺めです。
広角だと高架道路のアップダウンの様子がよくわからないですが、望遠ではどうでしょうか。
IMG7_8544.jpg
おお!まるで高速道路が波打ってるようですねえ。
IMG7_7814.jpg
たまにはこんな光景も見ることができます。
IMG7_7820.jpg
これぞ非日常の極みですね。
IMG7_8546.jpg
歩道橋から西方向の眺めです。
阪神高速の法円坂入口があり、両側には谷町筋を跨ぐ高架道路です。
IMG7_8532.jpg
そして、ここからが高架橋脚ファンにとってはたまらない光景の連続となっていきます。
IMG7_8552.jpg
谷町4交差点です。
ここは側道も高架で越えていくので、だいぶ幅広になってます。
IMG7_8557.jpg
東側の橋脚もじっくり見るといい感じですねえ。
IMG7_8567.jpg
高架下の中央からの迫力も相当きてます。
まるで横綱が太刀持ち、露払いを従えているように見えますねえ。
IMG7_8578.jpg
しばらく上町台地の下り坂を下りていくと、側道だけがこのように降りていってます。
IMG7_8596.jpg
そのために、途中の交差点では桁下2.2mとなってます。
IMG7_8598.jpg
ありゃ?その奥には高さ1.7mという表示もありますねえ。
なんか標識と矛盾してるけどだいじょうぶなんかな・・・
IMG7_8586.jpg
もちろん信号機もこんなにチビッ子です。
IMG7_8591.jpg
まあ、高架橋脚ファンとしてはこういう構造になっているポイントは非常にありがたいですけどね。
それは反対側から見ると絶景になるからなんです。
IMG7_8609.jpg
そういえばこのポイントはさっきのでかい物体も通過していったなあ。
IMG7_7842.jpg
N700系新幹線と高架のコラボは最高!
IMG7_8606.jpg
さあ、ここからがいよいよパラダイスに突入です。
次回に続く・・・


カテゴリー: その他エリア パーマリンク

高架沿いをぶらり(前編) への3件のフィードバック

  1. ファジー のコメント:

    SECRET: 0
    PASS: 69c2762642283930977950bfc5eab724
    旧熊野街道のお祓い筋にあるチビッコ信号機は、隠れた名所ですよね。あんなに低いところにある信号は見たことありません。
    ところで、N700系の鳥飼基地への運搬は、港区のダイゾーから東に向って阿波座を左折して歌島橋から池田・吹田の中央環状経由で南を向いて基地に入ると聞いていましたが、なぜ中央大通りを西に向っているのでしょうか?失敗してやり直しているとか??

  2. ファジー のコメント:

    SECRET: 0
    PASS: 69c2762642283930977950bfc5eab724
    先端に近畿車輛という文字があるところからすると、徳庵の近畿車輌で新造したものを、わざわざ遠くのJR西日本宛に納めに行くところですか?

  3. カオス のコメント:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    あそこへ行くと信号機の大きさを実感できますね。
    N700系新幹線の陸送ですが、ファジーさんのお見立て通り、JR西日本の(N700-3000)新幹線です。
    近畿車輛から中央大通を通って、弁天町から43号線を神戸まで行き、そこから船で九州まで運ぶそうです。
    近畿車両の文字からそこまで完璧に読みきるとはさすがです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。