水都大阪を川から眺める旅(5)

水都大阪を巡る船の旅シリーズをお送りしています。
途中からご覧のかたは最初からどうぞ
水都大阪を川から眺める旅(プロローグ)
前回でやっと平野橋を通過したところです。
IMG_1634_P6.jpg
すでに頭上は阪神高速の高架が東横堀川全体を覆っています。
そして次なる橋が見えてきました。
IMG_1636_P6.jpg
(12)大手橋です。過去記事参照→大手橋
この橋も豊臣時代から存在していますが、当時は思案橋と呼ばれていたそうです。
IMG_P6_3117.jpg
現在の橋は大正15年に完成した鉄筋コンクリートのアーチ橋となっています。
橋名板がないのはちと寂しい感じです。
IMG_P6_3119.jpg
アーチを通過すると、阪神高速が2つに割れてますねえ。
IMG_P6_3122.jpg
右側が1号環状線の本町出口です。
東横堀川沿いに降下していき、川を横断してから一般道に合流します。
IMG_P6_3129.jpg
奥のほうには重厚な橋が姿を現しました。
IMG_1656_P6.jpg
(13)本町橋です。過去記事参照→本町橋
本町通に架かる橋ですが、これは今までの橋と較べても重厚感がまるで違います。
IMG_1659_P6.jpg
石積みの橋脚、さらにその上の装飾柱などをとってみても、相当古い橋だと想像がつきます。
それもそのはず、この本町橋は大阪では現役最古の橋なんです。
大正2年に本町通に市電が通るので、この橋に架け替えられてからずっとこのままです。
ちなみにこの橋も公儀橋でした。
IMG_1662_P6.jpg
この写真は周辺が流れ気味で、躍動感があって、お気に入りの1枚です。
IMG_P6_3148.jpg
うおーっ!突っ込むぞー!
IMG_1671_P6.jpg
本町橋を過ぎると、運河である東横堀川がなぜか一旦左にカーブしてさらに奥で右にカーブしてます。
これは開削された当時、ここに浄国寺があったために、この寺を避けたためにS字になっているそうです。
カーブさせたために水流が急になって、ここで命を絶つ人が多くいたという場所でもあります。
現在はご覧のとおり、穏やかな流れです。
IMG_3156_P6.jpg
ちょうどカーブしているとことに架かっている橋が(14)農人橋です。過去記事参照→農人橋
この橋も江戸時代は公儀橋でした。
大阪で12しかなかった公儀橋のうち、3つが東横堀川に架かってたんですねえ。
IMG_3158_P6.jpg
ちょうどここで、湊町船着場から出航したアクアmini号とすれ違います。
橋との隙間がギリギリやなあ・・・
IMG_1679_P6.jpg
おおー!今にもぶつかりそうな高さの農人橋に突入です!
IMG_3160_P6.jpg
農人橋は中央大通いっぱいの幅の橋と思ってたけど、何本かの橋に分かれてるんですねえ。
知らなかった・・・
IMG_3165_P6.jpg
さすがに中央大通は幅広なので、頭上すれすれ状態が長く続いてます・・・
IMG_3168_P6.jpg
だんだん視界が開けてきました。
IMG_3171_P6.jpg
なんとか頭を打つこともなく、無事にクリアしました。
ようやく東横堀川も半分ぐらいまで来たかな?
続く・・・
<今回くぐった橋>
(12)大手橋
(13)本町橋
(14)農人橋

カテゴリー: 水都大阪を船で巡る パーマリンク

水都大阪を川から眺める旅(5) への2件のフィードバック

  1. ファジー のコメント:

    SECRET: 0
    PASS: 69c2762642283930977950bfc5eab724
    公儀橋では本町橋までは風情があるのですが、農人橋でガックリきますね。
    昔はなかった中央大通りが出来たためと思いますが、少し残念です。

  2. カオス のコメント:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    ほんとですね。
    せめて橋の裏だけでも、もうちょっとなんとかならなかったかなあ・・・
    中央大通があれだけ広い道路になったからしかたがないんでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA