水都大阪を川から眺める旅(2)

水都大阪を巡る船の旅シリーズをお送りしています。
途中からご覧のかたは最初からどうぞ
水都大阪を川から眺める旅(プロローグ)
いよいよアクアmini号が大川に合流します。
IMG_3011_P6.jpg
川幅も一気に広がりました。
そして、大川で最初にくぐる(6)天満橋が前方に見えてきました。
この橋の詳細は過去記事でどうぞ→天満橋
IMG_3014_P6.jpg
あっ!天満橋の向こうには今はなきアヒルちゃんの姿が!
アクアmini号に乗船したのは9月5日、6日で、展示初日に空気が抜けてしぼんだままとなっていた
アヒルちゃんが復活したのがちょうど9月5日のことでした。
このときはアヒルが八軒家浜に来てることすら知らなかったので、余計にびっくりしましたよ。
IMG_3018_P6.jpg
天満橋越しのアヒルちゃん写真も貴重なものになってしまいました。
これも屋根のないアクアmini号ならではのショットですね。
IMG_3022_P6.jpg
天満橋のベストショットがこの写真です。
橋名板・橋裏の鋼板・アヒルちゃん・中之島剣先・奥のビル群が混然一体となってフレームに収まりました。
IMG_1517_P6.jpg
もうこのときは完全に『橋裏萌え』状態です(笑)。
普段なかなか見ることのできないアングルだし、橋それぞれ違う組み方なのがたまりません^^。
IMG_3026_P61.jpg
天満橋を抜けると、水都大阪にふさわしい風景が広がってきました。
IMG_1527_P6.jpg
この日初めて見たときはてっきりヒヨコと思ってました・・・
他の乗客も「あっヒヨコや、ヒヨコがおるで!」と言ってたしなあ。
念のために断っておきますが、現在はアヒルちゃんはいないし、このアクアmini号も営業していません。
ただ、アクアmini号は道頓堀川の整備工事が完了する来年春から復活するようです。
IMG_3031_P6.jpg
そして、中之島剣先を跨ぐように架かってるのが(7)天神橋です。
橋の詳細は過去記事にあります。→天神橋
天満橋上からとはまるで視界が違いますねえ。
この橋こそ下から眺めるには最高の橋だと思いますよ。
IMG_1525_P6.jpg
前を水陸両用車が横切っていきました。
ちなみにこの車は今も営業してます。
川の駅「はちけんや」から出発しているようです。
IMG_3039_P6.jpg
中之島剣先に最接近。
先端はちゃんと剣の先の形になってるんやなあ。
今放水されたらびしょ濡れ確実です・・・
ここから左(南)側が土佐堀川、右(北)側が堂島川となります。
で、今回は土佐堀川の方へ進んで行く事になります。
IMG_3043_P6.jpg
さあ、天神橋をくぐりますよ~。
2日目のコースはちょっとアーチの中心から外れるようにくぐったので、ボツにしました。
IMG_1541_P6.jpg
こっちは1日目(9月5日)です。
IMG_1546_P6.jpg
橋名板もかっこいいですねえ。
それに両端の照明がまたいい雰囲気を出してます。
ライトアップに合わせて設置されたのかな?
IMG_1550_P6.jpg
これぞこのクルーズの醍醐味です!
アーチ橋の下からの景色は最高!
IMG_2461_P6.jpg
これは1日目の復路に天神橋をくぐったときの景色です。
西日が反射してアーチ部分を照らし出し、きれいに撮れました。
IMG_2459_P6.jpg
橋名板も最接近時にバッチリ撮影できて満足でした♪
IMG_3051_P6.jpg
このまま真っ直ぐ進むと、大阪の都心部へ突入ですが、
IMG_3049_P6.jpg
この辺で土佐堀川に別れを告げて、進路が左(南)方向に変わります。
IMG_3054_P6.jpg
そして、独特の雰囲気のある風景が立ち並ぶ東横堀川へと舞台は移っていくのであった・・・
続く・・・
<今回くぐった橋>
(6)天満橋
(7)天神橋

カテゴリー: 水都大阪を船で巡る パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA