タイムトンネルの向こう側

ブルートレインの旅は終わりましたが、さらに北へ向けて出発です。
途中からご覧のかたはこちらからどうぞ→ブルートレインの旅(1)
IMG_2700_IXY.jpg
どこか懐かしい感じがする青森駅の通路です。
次に乗る電車は特急スーパー白鳥95号です。スーパーってなんやろ・・・
IMG_2703_IXY.jpg
初めてみる駅名板はなんかいいですねえ。
非日常な気分を満喫してます。
IMG_2710_IXY.jpg
これが特急スーパー白鳥です。
今まで見たことのないデザインでした。
JR北海道のオリジナルなんかな。
そして、中に入るとさらにびっくりなことが・・・
IMG_2712_IXY.jpg
ここは運転席の下の展望窓とでもいうんでしょうか。
指定席がちょうど先頭車両だったので、こんないい場所を発見できました。
IMG_2758_IXY.jpg
思い切ってグリーン車にしてみたら、なんと革張りのシートですよ。
しかも他には誰も乗ってなかったのでグリーン車貸切状態という、これまた贅沢させてもらいました。
青森を出発してしばらくすると、先頭の例の場所へ行ってみました。
IMG_2716_IXY.jpg
これはすごい!
まさにリアル電車でGo!ですよ。
先頭車両がグリーン車なので、他の乗客もここまで来ることもないしこの絶景を独占です。
JR北海道はサービスというものがわかってますねえ。
革張りシートの座り心地も捨てがたいんですが、アレを見るまではここからは離れられません。
それは・・・
IMG_2725_IXY.jpg
蟹田と木古内の間にあるトンネルは・・・そうです、青函トンネルです。
普通に車窓から見るより、ここは真正面から突入する瞬間を見るしかないでしょう。
IMG_2726_IXY.jpg
あっ、トンネル発見。
IMG_2727_IXY.jpg
違いました。
もうここから目が離せない展開になりました。
と、その時、JRの保線作業員がこの展望窓にやってきました。
ここから前方を見て、いろいろチェックするそうです。
というわけで、ここからは大の大人が2人並んで前方を眺めることになりました。
青函トンネルまではいくつか小さいトンネルがあるということも教えてくれました。
IMG_2731_IXY.jpg
ちょうど「そのとき」のためのいい練習ができそうです。
IMG_2733_IXY.jpg
よし、練習は完璧や。
あとは本番を待つだけです。
とここで、作業員の人といろいろ話をしていて、ふっと気が緩んだときに、
「あれがそうですよ」という声に反応して前を見ると・・・
IMG_2734_IXY.jpg
いままでのトンネルとは違い、上部になにやらプレートのようなものが見えてます。
IMG_2735_IXY.jpg
おお!『青函隧道』の文字もはっきり捉えることができました。
よくIXYでここまで撮れたと思います。
それでは全長53.85Kmの世界最長トンネルに突入です!
突入すると、トンネル内は当然のことながら真っ暗で、電車のライトが少し前方を照らしているだけでした。
湿度が高いので窓も曇ってきました。
手で拭きながら眺めていると、急に照明が明るくなってきました。
IMG_2739_IXY.jpg
これはなかなか貴重な写真が撮れましたよ。
ここは青函トンネル内に2ヶ所ある海底駅のひとつで、竜飛海底駅です。
駅といってもここは非常時の待避所と保線基地として設置されたので一般の乗客は
下車することはできないんですが、見学用のコースはあるようです。
ホームの幅は1人通れるかどうかの幅しかないですね。
駅を過ぎるとまた暗いトンネルに逆戻りですが、ずっと前を見てました。
そしてしばらく走ってるとなにやら幻想的な光景が現れました。
IMG_2743_IXY.jpg
まるでタイムマシンに乗って時空を超えていく瞬間のようです。
ここが中間地点だそうです。
なんか隣にガイドを従えているみたいで、いいですねえ。
IMG_2744_IXY.jpg
そして、もうひとつの海底駅である吉岡海底駅の様子がこれです。
トンネルのこんな見方があるなんて、エエもん見させてもらいました。
青函トンネル突入してから約30分後、やっと出口の光が見えてきました。
IMG_2746_IXY.jpg
最初は小さく見えた光の点でしたが・・・
IMG_2748_IXY.jpg
タイムトンネルを抜けると、そこに待っているのは・・・
IMG_2750_IXY.jpg
やっぱり雪国でした...
でもさすがは北海道ですね。線路はどこまでも一直線に伸びてます。
IMG_2767_IXY.jpg
遠くには函館山も見えてきました。
さあ、次は函館かあ・・・
IMG_2783_IXY.jpg
ん?これが函館駅?
いつのまにかこんなに近代的な駅舎になってたのか・・・
IMG_2795_IXY.jpg
昔の旅番組で見た、情緒ある駅舎はもうなくなってたんですね。
それにしても、寒すぎます・・・
さあ、次は函館編につづく・・・

カテゴリー: ブルートレインの旅 パーマリンク

タイムトンネルの向こう側 への8件のフィードバック

  1. (#^.^#) のコメント:

    SECRET: 0
    PASS: 8f9c9cf98f12b4ddb5d4be4af0fe0793
    こちらこそホンマエエもん見させてもらいました。
    グリーン車からの青函トンネルのこんな景色ただで見せてもらって
    車両も魅力的ですね

  2. まさる のコメント:

    SECRET: 0
    PASS: 735b58831e0270ff16e16ad778f6c0bf
    トンネルの写真よく撮れましたね。
    楽しませてもらいました。

  3. ファジー のコメント:

    SECRET: 0
    PASS: 69c2762642283930977950bfc5eab724
    タイムトンネルそのものですね。
    特に中間点の幻想的な光はniceでした。
    これを見るだけでもグリーン車の値打ちはありますね。

  4. カオス のコメント:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    まさかあんな特等席で見れるとは思ってなかったのでびっくりしました。
    車両のデザインも特徴的でよかったです。

  5. カオス のコメント:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    ありがとうございます。
    コンデジでも結構いいのが撮れました。
    マニュアル設定にしといて正解でした。

  6. カオス のコメント:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    あの場所にずっといたおかげで、グリーン車の本皮シートには
    半分ぐらいしか座れなかったですね。
    でもあんな珍しい光景が見れてラッキーでした。
    グリーン料金分以上の値打ちはありましたね。

  7. ひでゆき のコメント:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    これは素晴らしい体験でしたね。
    男なら誰しも憧れますし、興奮します。
    うらやましすぎます。

  8. カオス のコメント:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    ほんとに貴重な体験でした。
    津軽海峡の底にはあんなすばらしい世界がるんですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA