ド根性街路樹の命運は・・・

とある場所で、ド根性大根ならぬド根性街路樹を発見!
IMG_0800_P4.jpg
なかなかのド根性ぶりですね。
この写真だけで、この場所がわかる人は相当な大阪通だと思います。
IMG_0801_P4.jpg
どこにでもあるような風景ですが、ここは三休橋筋です。
三休橋筋は御堂筋と堺筋のちょうど中間あたりに位置する南北の『筋』です。
大きい筋(なにわ筋・御堂筋・堺筋・松屋町筋・谷町筋・・・)以外では唯一の
歩道がある筋です。
それに近代建築も多く残っていて、今後ますます発展していくと思っています。
今まで記事にしたものを挙げてみると、南から順番に
大阪農林会館
綿業会館 →綿業会館は内部見学したのでその様子もあります。(これはすごかったです!)
日本基督教団 浪花教会 →礼拝堂内部の記事はこちら→浪花教会の礼拝堂でイベント
旧大阪教育生命保険 →シェ・ワダ高麗橋本店が閉店後、OPERA DOMAINE という店がオープンしてます。
八木通商大阪本社
そして、三休橋筋の終点には栴檀木橋があって、その先は大阪市中央公会堂となってます。
去年の秋には大阪発見まちあるきツアーで「三休橋筋のいまを歩く」というのに参加しました。
このように三休橋筋は近代建築の宝庫でもあるわけです。
現在、本町通との交差点から北方向に向けて、歩道の整備が行なわれています。
それに伴い、ガス燈の設置や電線の地中化の工事も進められているところです。
IMG_7965_P2.jpg
綿業会館の前はすでに整備済で、ガス燈もこのとおり設置完了です。
IMG_7954_P2.jpg
ガス灯は大阪ガスの創業100周年事業として寄贈されました。
合計でなんと50基が設置される予定です。
IMG_8023_P2.jpg
去年の秋にはここまで工事が進んでいました。
あのド根性街路樹はこの先にあります。
ということは歩道の工事によって撤去されてしまうんでしょうか・・・
ちょっと残念な気もします。

カテゴリー: その他エリア パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA