天満橋


いよいよ浪華三大橋の橋が登場です。
まずひとつめの天満橋は大川に架かる2階建ての橋です。
IMG_6568_P2.jpg
[天満橋] 現在の橋は1935年(昭和10)完成。橋長151m、幅員19m、中央部径間61m。
tenmabridge.jpg
[大阪市パノラマ地図]より
大正12年当時が描かれています。
今とは橋の形がまるっきり違っていて、市電が通る鉄橋そのものです。
それに現在は存在しない中州のようなものも確認できますが、これについては
後ほど理由がわかります。
この天満橋、天神橋、難波橋は浪華三大橋と呼ばれています。
江戸時代には幕府直轄管理の公儀橋でもありました。
大阪は八百八橋といわれるほど橋がたくさん架かっていましたが、そのうち公儀橋は
たった12橋だけでした。他の橋はすべて町橋といって、町人がお金を負担して架けられてました。
IMG_9226_P3.jpg
ここは車でしか通らないので、この自動車専用のバイパスでしか渡ったことがないですが、
歩いてじっくり見てまわりました。
IMG_9241_P3.jpg
谷町筋と土佐堀通が交差する天満橋交差点です。
ここから北方向は天満橋筋に名前が変わります。
松坂屋もなくなり、今は京阪シティモールに変わってしまいました。
IMG_9250_P3.jpg
うーん、景観という意味では上のバイパスが邪魔ですねえ。
このバイパスは1970年(昭和45)にが建設されてます。
IMG_9253_P3.jpg
橋名板が2ヶ所あるのを発見。
しかし、この落書きはなんとかならんもんでしょうか...
IMG_9254_P3.jpg
こっちは古そうな感じです。
昭和10年当時のものでしょうか。
でも、この位置では高架の支柱に隠れてしまって普通に橋を渡る人には気付きにくいです。
IMG_9263_P3.jpg
こっちのは鉄製のようです。
1989年に改装しているので、そのときに設置されたものかな?
橋灯はなかなか凝ったデザインになってます。
IMG_9265_P3.jpg
橋の上に立つと、歩道は結構広くとってあります。
しかし天神祭の船渡御の日には歩くこともできないほど混雑します。
IMG_9280_P3.jpg
大川の上流側の風景です。
京阪電車は地下の天満橋駅から地上へ出てくるところです。
向こうに見える橋は川崎橋です。
IMG_9291_P3.jpg
北詰からの風景です。
橋の両側はこのように石造りになってます。
IMG_9327_P3.jpg
こっちは古いほうの橋名板もよく見える位置にありました。
手前にあるのはなんのマークですかねえ・・・
IMG_9292_P3.jpg
北詰の川岸にはこんなものが展示してありました。
IMG_9297_P3.jpg
これは明治21年にドイツから輸入して架けられた鉄橋の橋門上に設置されていた橋名飾板です。
もちろん鉄製です。
IMG_9302_P3.jpg
となりには説明文と当時の写真もありました。
なんか鉄道が通る鉄橋みたいですね。
人も堂々と橋の真ん中を歩いています。
tenma_bridge.jpg
[近代大阪の建築]より
この写真は明治時代のものかな?
人々の服装や街の雰囲気が時代を感じます。
どっち側から撮ったのかはよくわかりませんねえ。
IMG_9303_P3.jpg
そしてもうひとつ、土木学会選奨土木遺産のプレートも展示されてました。
大川・中之島の橋梁群となっているのでまとめて選ばれたのかな?
IMG_9306_P3.jpg
川べりまでおりてみると、ここにもでっかい落書きが...
「自分の家に書いとけ!」といいたいですね。
IMG_9309_P3.jpg
橋の下はこのように通り抜けができるようになってます。
ここは北大阪周遊自転車道となっていて、中之島から万博公園まで約20Kmも続いてます。
詳しくは過去記事でどうぞ→北大阪周遊自転車道
IMG_9478_P1.jpg
橋の真下です。
鉄橋も下から見ると橋によってさまざまな構造をしてるのがよくわかります。
IMG_9470_P1.jpg
北詰の下流側からの風景です。
中央部径間だけが少しアーチ状になってます。
ちょうどここをいろんな船が行き来してます。
IMG_6509_P2.jpg
水上バスはもちろんですが、たまにはこんなにも遭遇することがあります。↓
IMG_6497_P2.jpg
水陸両用自動車を偶然見かけました。
ここから大川をさかのぼり、川崎橋の少し向こうに行くと上陸する場所があります。
中央部には橋名プレートも確認できました。
IMG_6550_P2.jpg
鯉釣り大会の日には普段はあまり見ない釣竿もたくさん見かけました。
IMG_6541_P2.jpg
将棊島粗朶水制跡(しょうぎじまそだすいせいあと)という石碑がありました。
将棊島は淀川の水が寝屋川、鯰江川(なまずえがわ)に逆流して水害を引き起こすのを
防ぐために、3つの河川の合流地点の網島から天満橋を越えて236間(約430m)余り
下流まで築かれた隔流提だそうです。
IMG_9340_P3.jpg
では北詰から下流側を戻っていくことにします。
IMG_9364_P3.jpg
大川としての橋はこの天満橋が最も下流に位置しています。
この先には中之島があって北側は堂島川となり、南側は土佐堀川となります。
次のターゲットの橋もチラッと見えています。
左側には八軒家浜船着場があります。
IMG_9369_P3.jpg
お、南詰の下流側の橋名板は変体仮名で書かれているようです。
堂島大橋の記事にコメントをいただいて初めて知りました)
IMG_0418_P4.jpg
歩いて渡る機会がほとんどない橋なので、いろいろ発見があって楽しめました。


カテゴリー: 大川 パーマリンク

天満橋 への3件のフィードバック

  1. かずさん のコメント:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    あの「マーク」は天満天神の梅鉢の紋でしょう

  2. カオス のコメント:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    コメントありがとうございます。
    天満宮の梅鉢紋だったんですね。
    全く気が付きませんでした。

  3. ゴリモンな日々 のコメント:

    さよなら、八軒家浜のアヒルちゃん

    先週末の八軒家浜です(アヒル滞在の最終日に撮影)。一方、こちらは一昨年11月の同じ場所。岸辺の再整備工事が始まった頃の写真です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。