大手橋


東横堀川シリーズやってます。

今日は大手橋です。
IMG_7665_P3.jpg
大手橋西詰から東方向。
ここも地上からはどこにでもあるような橋です。
IMG_8329_P2.jpg
親柱の上の照明灯が高くなっているのが特徴的です。
ただ、橋名はそっけない書体で彫られてました。
IMG_7411_P3.jpg
ふたつ並んでいるのはなにか意味があるのかな?
IMG_7649_P3.jpg
東詰にはこんなプレートがありました。
IMG_7650_P3.jpg
もともとは思案橋と呼ばれていたようです。
大正時代になって大阪城の大手門に通じることから大手橋になったのか。
平成2年の改修記念としてプレートが設置されたみたいですね。
では、下から見てみましょう。
IMG_8333_P2.jpg
今度はコンクリート造の見事な三径間アーチ橋でした。
三径間ということはアーチの山が向こうからひとつ、ふたつ、そして・・・
IMG_7407_P3.jpg
三つ。
あら、橋の下には鉄格子があるため通り抜けができません。
どうやらここで寝泊りするのを防止するために設置したようです。
IMG_7413_P3.jpg
北方向には結構広いスペースがありました。
IMG_7646_P3.jpg
橋の上から北方向を見ると、阪神高速の高架がだんだん東横堀川全体を覆うように広がってます。
IMG_7656_P3.jpg
南方向を見てみると、パックリふたつに割れてます。
右側は本町出口の誘導路です。
IMG_7660_P3.jpg
阪神高速をフレームからはずすと、なかなか風情のある橋の風景なんですけどねえ・・・


カテゴリー: 東横堀川 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。