高麗橋

東横堀川の橋巡りをやってます。

今日は3つ目の高麗橋です。
IMG_7586_P3.jpg
大阪城の西外堀にある大手前交差点から西へ進むと高麗橋があります。
高麗橋通という名前もこの橋からついたのだと思います。
江戸時代に幕府が直轄管理していた橋のことを公儀橋といいますが、大阪ではたった12橋しかなくて、
そのなかでも特に重要視されていたのが高麗橋だそうです。
東横堀川に架かる公儀橋は他にも本町橋と農人橋があります。
大部分の橋は町橋といって、町人がお金を出しあって架けてました。
IMG_7579_P3.jpg
このりっぱな親柱はその昔、西詰に建っていた櫓屋敷を模しているそうです。
なんか格式高い感じがします。
IMG_7596_P3.jpg
橋の袂には里程元標跡という石碑が建ってました。
これは明治9年に道路の制度が確立され、西日本の主要道路の距離計算はここが起点となってました。
IMG_7578_P3.jpg
その横には高麗橋の説明板があります。
IMG_7574_P3.jpg
橋のすぐ手前には阪神高速の入口へのアプローチが今橋から続いてます。
IMG_7575_P3.jpg
入口ゲートはさらに向こうにあります。
途中で信号があるのは珍しいですね。
IMG_7587_P3.jpg
この誘導路のために橋が分断されたようにも見えます。
IMG_7598_P3.jpg
現在の橋は昭和4年に架けられた鉄筋コンクリート造のアーチ橋です。
IMG_7603_P3.jpg
これは擬宝珠(ぎぼし)といいます。
慶長9年当時の擬宝珠は大阪城天守閣に展示されてます。
IMG_7571_P3.jpg
北方向の眺めです。
IMG_7610_P3.jpg
西詰からはそんなに圧迫感はないです。
IMG_7612_P3.jpg
東横堀川緑地へはここから階段で下りていくと川沿いにあります。
でも緑地というにはちょっと緑が少ないかな・・・

カテゴリー: 東横堀川 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA