四天王寺(後編)

東大門から境内にはいると都会の景色が一変します。
IMG_3127_P3.jpg
空が広くていいですねえ。
この道は昔から自転車での抜け道として通ってました。(谷町筋まで続いてますので)
IMG_3136_P3.jpg
しばらくまっすぐ進むと大きなお堂が姿を現します。
六時堂です。
この建物は1623年に建立されました。重要文化財に指定されています。
そして手前にあるのが亀の池です。
IMG_3141_P3.jpg
六時堂の正面です。
この真後ろには高層マンションなんか建つのはご遠慮願いたいものです。
手前の亀の池はこの左右に広がっていて、真ん中にはこれまた重要文化財の石舞台があります。
IMG_3161_P3.jpg
石橋の上に組まれた石の舞台です。
住吉大社の石舞台、厳島神社の平舞台とともに日本三舞台のひとつとされています。
IMG_3142_P3.jpg
なるほど、前回記事の鉄筋コンクリート造ではないのがひと目でわかります。
他の建物はやはり戦争で焼失してしまったんでしょうか・・・
IMG_3149_P3.jpg
亀の池はそのまんま名前のとおりです。
IMG_3148_P3.jpg
もともとは蓮池といわれるほど蓮の葉が池を覆っていたらしいんですが、いつしか亀が放されて
亀の池と呼ばれるようになりました。
IMG_3163_P3.jpg
六時堂の正面に立って南方向を見ると、主要な建物が一直線上に並んでます。
IMG_3158_P3.jpg
北鐘堂です。
しかし、鐘は天井裏にあるため見ることはできません。
IMG_3150_P3.jpg
またの名を「引導の鐘」というそうです。
よく『引導を渡す』と言いますが、これはあきらめさせるという意味で使われます。
本来は仏教語で、衆生を導き、仏道の正法「に引き入れることという意味です。
IMG_3153_P3.jpg
こんな立て札もありました。
なにわ七幸めぐりなんて初めて知りました。
IMG_3159_P3.jpg
さすがは四天王寺です。
休憩所もこんなにりっぱでした。
IMG_3208_P3.jpg
亀の池の南側にあるこの建物は亀井堂です。
ここでは供養を済ませた経木を水に流せば極楽往生が叶うといわれています。
IMG_3215_P3.jpg
中ではこのように経木を水で清めています。
この水は以前、天王寺七坂の天神坂でも登場した玉出の湧き水です。
そして水が溜まっているところをよく見ると亀の甲羅で、水の出ている口には亀の頭となってます。
IMG_3219_P3.jpg
こんな風にかき混ぜながら、参拝客に説明していました。
IMG_3225_P3.jpg
亀井堂のとなりには亀井不動尊がありますが、なにやら注意書きが・・・
IMG_3226_P3.jpg
法善寺の水掛不動尊と勘違いする人がいるようで、「水をかけないでください」との札がかかってます。
でも、完全に苔が生えてます。
IMG_3232_P3.jpg
これは明治39年に建てられた英霊堂です。
当時はこの中に世界一大きいとされた大梵鐘が釣られていました。
しかしこの鐘は第二次世界大戦で供出されてしまいました。
IMG_3237_P3.jpg
そのとなりにあるのは大黒堂です。
本尊は一体の像に大黒天、毘沙門天、弁才天の顔を持つ「三面大黒天」とのことです。
ご利益ありそうですね。
IMG_3243_P3.jpg
元三大師堂です。
ここはどうやら合格祈願のお参りをするところみたいです。
IMG_3244_P3.jpg
ちえの輪くぐりなるものもありました。
かしこくなるかな...
IMG_3255_P3.jpg
境内の北側まで来るとさすがに後ろの高層ビルも目立ってきます。
IMG_3263_P3.jpg
こんなのもありました。
地図にあるのはすべてお地蔵さんです。
IMG_3269_P3.jpg
奥にあるのが地蔵堂です。
まわりにあるお地蔵さんも見てみましょう。
IMG_3268_P3.jpg
ずらっと並んでます。
IMG_3271_P3.jpg
これは壮観です。びっしりとお地蔵さんが整列してます。
IMG_3272_P3.jpg
もう1箇所ありました。結構新しそうな感じです。
IMG_3347_P3.jpg
これはまた珍しい形の建物で、南鐘堂です。
IMG_3359_P3.jpg
境内の南東角から西方向の景色は見事に空一色でした。
ここは上町台地の上にあって、西に向かって下り坂なので、少々高いビルが建っても
視界を邪魔することがないです。
IMG_3943_P.jpg
今まで素通りだった場所もこうしてじっくり見てみるのもいいもんですね。
IMG_3910_P.jpg
最後はシルエットで締めてみました。

カテゴリー: 寺・神社 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA