淀川大橋

淀川大橋はその名のとおり淀川に架かる橋です。
福島区海老江と西淀川区姫里を結ぶ国道2号線となっています。
IMG_5787_P12.jpg
[淀川大橋] 1926年(大正15)完成。 形式はトラス橋。 橋長は724m。
上の写真は淀川大橋北詰からの撮影です。
昨日の記事の答えはこの橋でした。
それでは南詰から見てみましょう。
IMG_5728_P1.jpg
淀川大橋南詰の手前には淀川小橋があります。
そういえば十三大橋や長柄橋にも同じように南側には小橋がありますね。
IMG_5736_P1.jpg
小橋を渡ると南詰です。
道路部分だけを見ると大正15年にできた橋とは思えませんけど、この橋門?には歴史を感じます。
IMG_5850_P1.jpg
その右側にはなにやら長い物体があります。
これは淀川陸閘という閘門施設で、この中には陸閘ゲートと呼ばれる鉄扉が格納されていて、
高潮発生時には陸閘ゲートが道路を締め切って水の流入を阻止します。
淀川大橋自体が地盤沈下で沈んでいき、堤防との高低差ができたために造られました。
最初は昭和42年に造られましたが、老朽化に伴い平成4年に新施設になってます。
当然、北詰にも同様の陸閘ゲートがあります。
IMG_5740_P1.jpg
なんかペンキ塗りたてという感じです。
当初からこんな色だったのかな?
IMG_5836_P1.jpg
左側はひらがな表記になってます。
それでは北詰に向けて出発します。
IMG_5746_P1_20081030210915.jpg
うーん、いまひとつ盛り上がらないですね。
今まで紹介してきた橋はアーチ橋や斜張橋だったので見所があったんですけど、
なんか普通の道路を歩いてるみたいです。
IMG_5753_P1.jpg
右方向です。
梅田の高層ビル群も見えます。
昨日の記事の写真は手前の草むら付近から撮影しました。
IMG_5757_P12.jpg
中央付近まで来ました。
やっぱり淀川の河口付近ともなると川幅も広いです。
向こうに見えるのは阪神高速池田線です。
IMG_5768_P1.jpg
ゴール間近です。
IMG_5778_P1.jpg
北詰に到着しました。
IMG_5786_P1.jpg
これは結構気に入ってます。
IMG_5804_P1.jpg
写真の左端にちらっと写っているのが北詰の陸閘ゲートです。
非常時には扉が開いて、ゲートが道路を封鎖します。
IMG_5785_P1.jpg
明らかに橋よりも堤防のほうが高いので、あのゲートは絶対必要です。
では南詰まで戻ることにします。
IMG_5816_P12.jpg
景色的には南向きのほうがいいですね。
IMG_5823_P1.jpg
下流側には阪神電車の鉄橋が見えます。
その向こうは阪神高速神戸線の橋があります。
IMG_5856_P1.jpg
橋を渡り終えてふと気付いたんですが、あのペンキ塗りたて風の橋門?は
元はこの淀川小橋の橋門のようにペンキなんか塗ってなかったのではないでしょうか・・・
なんであんなにベタベタにしてしまったんでしょうねえ...

カテゴリー: 淀川 タグ: , パーマリンク

淀川大橋 への2件のフィードバック

  1. ファジー のコメント:

    SECRET: 0
    PASS: 69c2762642283930977950bfc5eab724
    橋柱のペンキは、閘門施設を設置のときに塗り替えたのと違いますかね。
    昔はかなり古びていたような気がします。
    この橋の橋脚が短いので、大型船は通れませんね。
    浚渫船などは、毛馬を通って淀川に入ってくるのでしょうか?

  2. カオス のコメント:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    ペンキ塗る前はやっぱり古い石組のままだったんですかねえ。
    この橋の下は船は無理でしょう。
    他の橋と較べてもダントツで低い気がします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA