愛染坂

この坂は愛染かつらでも有名な愛染堂が坂の上にあることから愛染坂という名前がつけられました。
IMG_2580_EL2.jpg
右方向に行くと清水坂につながっており、左方向へ行くと大江神社の入口(階段)につながってます。
IMG_1499_EL3.jpg
谷町筋にある大阪星光学園の北角を西に進むと、右側に愛染堂の入口があります。
さらに奥には大江神社の鳥居と、その左に愛染坂となっています。
IMG_1505_EL2.jpg
左側が大阪星光学園で、右側が大江神社です。
さすがはかしこの高校ですね。立地環境もいうことなしです。
IMG_1506_EL2.jpg
坂の上には例によって説明看板があります。
それにしても、大江神社の木々がワッサーと坂のほうへはみ出してますね。
IMG_1538_EL2.jpg
地面すれすれの視線で見てみるとこんな感じです。
自転車なら突っ込みたいところですが、この坂には「自転車は降りて通行して下さい」の注意看板がありました。
IMG_2588_EL2.jpg
下からだとこんな感じです。
昔の坂はだいたいこんな舗装だった気がします。
天神坂のようなきれいな石畳もいいですけど、この道にはなつかしい感じがします。
それではまず愛染堂から行ってみることにします。
IMG_1500_EL2.jpg
愛染さんというのは聞いたことがあったんですが、ここにあるとは知りませんでした。
天王寺七坂を写真に撮ろうと思って愛染坂に行く途中に「愛染さん」の看板が目に留まって、
「あー、これが愛染堂か」となかに入って撮影してきました。
この看板がなかったら気付いてないと思います。
最初入口から受けた印象は、こじんまりしたところかなと思ってましたが...
IMG_2477_EL2.jpg
境内にはいってみると、こんなりっぱな建物があるのでびっくりしました。
実は最初に来たときはこの金堂の後ろにまだすごい建物があるとは気付かないで引き返してしまってます。
それにしても見事に隠れてますねえ。見逃してる人も結構いるのでは?
IMG_2478_EL2.jpg
こんなユニークな枝ぶりの木もありました。
この木の根元には「哲学の椅子」という石が置いてあります。
反対側には同じように「腰痛封じの石」というのもありました。
IMG_2482_EL2.jpg
最初に来たときにここまで周りこんでいれば発見できたのになあ...
(右の後ろにちょろっと見えてます)
IMG_2489_EL2.jpg
予告編で写ってたのはこれでした。(あのときはこれが愛染堂にあるとは知らなかった)
愛染坂の説明看板にも記載されていた多宝塔です。
もともとは聖徳太子によって創建されたんですが焼失してしまい、慶長2年(1597)に豊臣秀吉により
再建されました。(愛染堂の説明看板より)
愛染坂の説明看板と愛染堂の説明看板では再建の年が違ってました。はて?
大阪市内で最古の建築物となっており、国の重要文化財に指定されています。
木造で残っているのがすごいですね。
IMG_2510_EL2.jpg
この他にもいろんな写真を撮りましたが、今回は七坂がメインなのであらためて愛染堂として記事にしたいと思います。
次は大江神社にも行ってみました。
IMG_1508_EL2.jpg
大江神社は今まで聞いたことがなかったです。
IMG_1510_EL2.jpg
境内に入るとまず目立つのがこの木でした。
IMG_2520_EL2.jpg
こちらもりっぱな本殿がありました。
IMG_2527_EL2.jpg
本殿の右側になにやら発見!
IMG_2528_EL2.jpg
おお!これは!
阪神タイガースの優勝祈願じゃないですか。なんでここで阪神なんかなと思って調べてみると、
大江神社には狛犬ならぬ狛虎が昔からあったようで、いつしか阪神ファンによってメガホンなどが供えるようになったらしいです。
右側が阿形の狛虎で、なんと300年以上も前からあったようです。
左側にある吽形の狛虎は明治時代に持ち出されて以来なかったんですが、2003年に再建されたそうです。
この右側にも優勝祈願の張り紙や木札がありました。
IMG_2542_EL2.jpg
中央の少し緑がかった石は夕陽丘の碑です。
昔はここから見事な夕日が見られたそうですが、今はよく見えないような気がします。
そして、石碑の向こうには階段があります。
IMG_2548_EL2.jpg
これだけ木があると夕日も見えづらいですね。
この階段を下りてまっすぐ行くと松屋町筋に続いてます。
IMG_2252_EL2.jpg
下からはこんな眺めです。鳥居前は狛犬でした。
IMG_2259_EL2.jpg
寛政5年というと1793年です。
IMG_2263_EL2.jpg
鳥居の右にはこんな看板がありました。
この階段は101段あるんですねえ。
でも人生の区切りが百歳ということは最近になって「百歳の階段」と名づけられたのでは?
IMG_2278_EL2.jpg
鳥居から少し右へ行くとこんな絵地図が...
右上が四天王寺で、左下には海がせまってます。
IMG_2279_EL2.jpg
天王寺七坂も描かれています。
だいぶ昔の地図みたいですね。
IMG_2280_EL2.jpg
愛染堂や大江神社もあります。
この辺りは織田信長の大阪本陣だったんですね。
IMG_2567_EL2.jpg
愛染堂も大江神社も雰囲気がいいところでした。
今回紹介しきれなかったところも含めて、個別の記事にしたいと思います。
次回は口縄坂です。

カテゴリー: 天王寺七坂 パーマリンク

愛染坂 への7件のフィードバック

  1. mori のコメント:

    SECRET: 0
    PASS: 2f7b52aacfbf6f44e13d27656ecb1f59
    天王寺七坂と言う事で興味深くブログを拝見いたしております。愛染さんの多宝塔素晴らしいですね。もし大阪が戦禍に曝されなければ、市内の其処此処に素晴らしい寺社仏閣があったのにと思うと本当に悔やまれてなりません。四天王寺さんから少し行った所にある願泉寺をご存知でしょうか。
    小野妹子の子によって開かれ、いまも子孫に当たる方が修めておられる寺院ですが、戦前は国宝であった政宗寄進の書院茶室もすべて戦災によって灰塵に帰してしまいました。ただ能阿弥作の枯山水が残ったのは不幸中の幸いですが。
    本当に戦争の虚しさを感じます。
    そういえば天王寺七坂は、大阪市内で唯一、古代からの原生林のまま樹木が残っている場所でもあるそうですが、本当に焼けなくて良かったです。
    こちらのお写真を見ていると、本当にその場にいるような気がします。これもまた大阪の大阪らしい姿ですね。
    大切にしたいと改めて思いました。
    よい写真を見せていただき有難うございます。

  2. カオス のコメント:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    はじめまして。コメントありがとうございます。
    愛染さんの多宝塔は木造ながらよくぞここまで残っていたと思います。
    戦争は恐ろしくて、これほど虚しいものはないですね。
    願泉寺のことは知りませんでした。今度行ってみます。
    天王寺七坂も、近くに住んでいながらじっくり歩いたことがなかったので、
    あらためて大阪の素晴らしさを再認識しました。
    写真をほめていただいて、ほんとにうれしく思います。ありがとうございます。
    これからも大阪のいろんなとこを撮っていきますので、またのご訪問をお待ちしています。

  3. mori のコメント:

    SECRET: 0
    PASS: 2f7b52aacfbf6f44e13d27656ecb1f59
    こんにちは、丁寧なお返事有難うございます。なのに昨日の書き込みに書き間違いをしてしまいました。
    願泉寺の御庭は相阿弥でした。失礼いたしました。
    七坂のご近所さんですか、それはうらやましい限りです。
    願泉寺は日本最古、聖徳太子の雅楽を伝える四天王寺楽所の場としても有名ですので、行かれた折には上手くすれば風雅な雅楽の音を耳にされるやもしれませんね。ではでは、たびたび失礼いたしました。
    こちらの今後一層のご活躍を祈りつつ・・・

  4. カオス のコメント:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    これはこれは、ご丁寧にどうもです。
    相阿弥は能阿弥のお孫さんですね。(今調べました)
    七坂までは自転車で15分くらいです。
    願泉寺にはぜひ行ってみたいと思います。

  5. ゴリモンな日々 のコメント:

    寅年の初詣

    今年の干支は寅。トラさんのいる3つの寺社をお参りしてきましたよ。■少彦名神社(大阪市中央区)道修町、神農さんのトラさん。■大江神社(大阪市天王寺区)四天王寺七宮のひとつ大江神社。こちらには狛犬ならぬ…

  6. ぶるぱぱ のコメント:

    SECRET: 0
    PASS: 05f7efe9b015534c8f5904bf456f5a7d
    はじめまして!
    7月に 愛染橋病院に 入院してまして 病室から 見えてた 上町台地に興味を
    持ちまして リハビリがてら ママチャリで 7坂界隈を探索するようになり
     すっかり 上町台地の 歴史にはまってます。
    大阪に来て35年も経ちますが、こんなに いい場所が あったなんて!
     上町台地のすばらしい写真 等 楽しませてもらってます♪

  7. カオス のコメント:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    はじめまして。
    コメントありがとうございます。
    僕も大阪に生まれ育って数十年!知らないところがいっぱいあり過ぎて驚きの連続です。
    自転車で市内をブラッと走ると新しい発見がいっぱいですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA