中山製鋼所


先日の新木津川大橋を渡ったところで、これまた壮大な工場があるので撮ってきました。
(一部別の日に撮影したものもあります)
高倉健、松田優作、マイケルダグラスが出演したハリウッド映画「ブラックレイン」でこの中山製鋼所もロケ地になってます。
IMG_2113_EL2.jpg
さっきは同じ目線にあった工場ですが、地上に降りると迫力満点です。
IMG_2114_EL2.jpg
左右に張り巡らされているパイプがすごい数です。
IMG_2120_EL2.jpg
振り返ってもパイプは先まで延びてますねえ。
IMG_2125_EL2.jpg
造塊門ってすごい名前ですよ。
この中で鉄の塊を造っているんでしょうねえ。
奥のほうでかすかに赤く燃えているような・・・
IMG_2126_EL2.jpg
隙間から鉄が燃えているのが見えました。
生で見るのは初めてです。
IMG_2131_EL2.jpg
パイプの中身はなんでしょうねえ...
それにしても、この工場には快晴の青空は似合わないですね。
以前に夕方に撮った写真がありました。
IMG_2542_EL.jpg
こっちのほうがぴったりマッチしてます。
IMG_2140_EL2.jpg
なんとパイプは工場の周りをぐるっと取り囲んでるみたいです。
しかも道路をまたいでこっち側にも続いてます。
IMG_2541_EL.jpg
工場マニアが増えているのも納得ですね。
ただし、空気は悪いですよ。ここは。
赤茶色の粉塵が歩道に結構積もってます。
IMG_2155_EL2.jpg
この黄色の矢印は右方向から来る車への警告でしょうか...
ちょうど直角コーナーになっているところです。
IMG_2153_EL2.jpg
ダンプがここに突っ込んだことがあるんでしょうか・・・
IMG_2161_EL2.jpg
次々にダンプが通り過ぎていきます。
ちょっとこわい。
IMG_2152_EL2.jpg
ここからWTCコスモタワーも見えるんですねえ。
IMG_2146_EL2.jpg
この建物が中山製鋼所の本社ビルのようです。
IMG_2165_EL2.jpg
こんな空気の悪い環境下でも草木は育つのがすごいです。
IMG_2534_EL.jpg
石油化学コンビナートなんかは夜景も綺麗ですが、ここはどうなんでしょう...


カテゴリー: その他エリア タグ: パーマリンク

中山製鋼所 への5件のフィードバック

  1. まんまんちゃん のコメント:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    コメントさせていただきます。
    持っているカメラ(40D・910IS)が同じ、行動範囲もよく似ています。
    それに、自転車で行動してはるんですか?
    それもよく似ていますね。
    同じような写真を撮っていますが最近アップしているのは食い物ばかりでございます。
    これからもよろしくお願いしますね。
    ダブルポチしときます。

  2. カオス のコメント:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    コメントありがとうございます。
    40Dを買ってから自転車で大阪市内を走り回ってます。(たまに市外へもはみだしますけど)
    最初は早く元をとるために適当に撮ってたんですが、そのうちどっぷりはまってしまってます。
    まんまんちゃんさんのブログ拝見しました。
    カレーうどんがうまそうですね。
    住所も明記してあるので、行ってみたい店がいっぱいありました。
    こちらこそよろしくお願いします。
    ポチしときました。

  3. TOSSY のコメント:

    SECRET: 0
    PASS: 7961dc917e06640016068f33abbd81d7
    私の家は 合金鋳造所をしていました
    小さな零細町工場ですが キューポラがありました
    アルミや銅 真鍮の合金が高温で溶解しているのは見ていました
    近づくと危ないんので怒られるから火花の飛んでこないところから 砕ける湯玉をみていました
    溶解した金属は 「湯」 と呼ばれていました
    あの神秘的は赤い色
    そのころは写真をうつそうなどとは思ったこともなく 今はそんな機会はなく こういう産業写真風のものは懐かしい思いにさせてくれます

  4. カオス のコメント:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    >小さな零細町工場ですが キューポラがありました
    キューポラという言葉は「キューポラのある街」という映画でしか
    聞いたことがなかったんですが、意味は知りませんでした。
    (映画の内容も全く知らないです)
    初めて意味を調べてみると鉄の溶解炉のことだったんですね。
    「湯」というのががなんともいい表現ですね。
    僕が連想するのはターミネーター2の最後のシーンぐらいです(笑)。
    (溶解炉のなかに自ら下りていって燃え溶けていくところ)
    この中山製鋼所を見ていると無数のパイプがまるで血管のようで、
    工場から聞こえてくる鼓動が人間的な感じがします。
    鉄を造り出すというのはすべてのモノづくりの原点だということを
    実感できる場所でもあると思います。

  5. もんもん のコメント:

    SECRET: 0
    PASS: 7993523b0f468f40374433dc2c74a0e0
    中山製鋼の転炉工場も休止しちゃいましたね。
    ちなみに鉄が燃えている色ではないですよ(笑
    取鍋を余熱しているバーナーの色です。
    溶けた鉄の色というのは夕方の太陽の色と同じで、
    輻射熱とまぶしさでまともに目を向ける事が出来ません。
    写真に映っている物を私が管理していた事もあって、
    中山製鋼の転炉工場には思いいれがありますが、
    是非、操業中の工場内を見て欲しかったですね(笑
    想像を絶する世界ですよ、マッドマックスの世界のようですよ(笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。