新木津川大橋


ついに再びここへやってきました。
新木津川大橋は渡し船カテゴリーのなかで一度登場してますが、今回はあらためて橋カテゴリの記事にするべく、
渡ってきました。
IMG_2586_EL1.jpg
[新木津川大橋] 1994年(平成6)完成。 橋長(中央部)495m、中央スパン305m、総延長2400m。
橋の近くからでは全体を撮影することができなかったので、以前になみはや大橋から撮った写真を載せています。
それほど大きいこの橋は大正区船町1丁目と住之江区柴谷2丁目の木津川に架かるアーチ橋です。
(左側が大正区、右側が住之江区)
木津川では一番河口側に架かる橋で、航路確保のために最高点は水面から50mの高さを誇り、全長は2.4kmもの長さになってます。
中央部のスパンは305mもあり、アーチ橋としては日本最長です。(アーチ橋の長さはこの中央部スパンの長さを指すようです)
着工は1979年(昭和54)なので完成まで約15年もの歳月を費やしたことになります。
今回は住之江区側から渡ることにしました。
IMG_1731_EL2.jpg
北加賀屋交差点から南港通を西へ進むと標識が現れました。
木津川は右側を流れていますが、橋の高さが50mあるのでアプローチ部は左から回り込みます。
IMG_1739_EL2.jpg
ここが橋の入口なんですが自転車はもうちょっと先から上がるようです。
IMG_1744_EL2.jpg
階段がありました。ここからですね。
IMG_1762_EL2.jpg
やっと橋の名称板を発見しました。日本一の橋にしてはしょぼいです。
IMG_1767_EL2.jpg
さっきの自動車専用道路はこんな風に右へカーブしながらだんだん高さを稼いでます。
勾配もなかなかのもんです。
IMG_1777_EL2.jpg
ここで橋の本線に合流です。ひたすら上り坂が続きます。
IMG_1787_EL2.jpg
少し左にカーブしています。
昨日の記事で紹介した長柄橋よりも傾斜していないのは幅員の違いでしょう。
長柄橋の幅員は20mに対して、新木津川大橋は11.25mです。
でも、アーチ部の長さは長柄橋の153mに対して新木津川大橋は305mもあります。
IMG_1796_EL2.jpg
木津川です。
この橋の手前で川の向きが南から西へほぼ直角に曲がってます。
奥に見えるのが千本松大橋です。こっちはほんまの眼鏡橋です。
IMG_1807_EL2.jpg
いよいよアーチ部分に突入です。
圧倒的な迫力は昨日の長柄橋とは比べものになりません。
鋼板の厚みといいアーチの高さといい、段違いです。
IMG_1808_EL2.jpg
大型のミキサー車がミニカーに見えるほど、でかいアーチです!
IMG_1840_EL2.jpg
上流から船がやってきましたが、この程度の大きさでは楽々クリアです。
IMG_1841_EL2.jpg
なんじゃこれは...
船の通った跡だけがこんな色になっています。
ということは木津川の表面がこれだけ汚れてるということか・・・
IMG_1844_EL2.jpg
それにしても、このアーチの曲線美は素晴らしいですねえ。
向こうに自転車で走ってる人が写ってます。前回渡ったときは誰も見なかったんですが、
今回は5人とすれ違いました。
ジョギングしてる人もいましたねえ。
IMG_1868_EL2.jpg
「工場萌え」の聖地でもある中山製鋼所が近づいてきました。
橋の両側は全てこの会社の敷地です。
祝日でも関係なしに稼働しているようです。(撮影日9月23日)
IMG_1878_EL2.jpg
工場からの排水もすごい水量です。
IMG_1915_EL2.jpg
さあ、次のクライマックスも近づいてきましたよ。
IMG_1923_EL2.jpg
大正区側のアプローチ部は用地の制約から3層ループ構造になっているのです。
17径間連続箱桁立体ラーメン構造が採用されたそうです。なんのこっちゃ。
こんなすごい橋は日本中探してもまあ見つからないでしょう。
ここを自転車でノンストップで突っ走るという考えも浮かんだんですが、やはり歩きながらじっくり観察することにしました。
IMG_1938_EL2.jpg
たかだか広角17mmのレンズではとても収まりきらないです。
IMG_1962_EL2.jpg
この位置が橋本体を眺めるベストポジションじゃないでしょうか。
アーチ曲線が橋を貫き、そこから両端へ広がっていく様子がよくわかります。
海面から道路までが50mだから頭頂部までは80mぐらいはありそうですね。
IMG_1970_EL2.jpg
広角寄りで撮るとループも全部はいってより高さを実感できます。
IMG_1986_EL2.jpg
真下を見るとこんな感じです。
高所恐怖症じゃなくてよかった。
IMG_2010_EL2.jpg
ループ2層目
IMG_2034_EL2.jpg
ループ3層目
IMG_2067_EL2.jpg
そして、地上に到着です。
大正区側にはりっぱな表示板がありました。
IMG_2076_EL2.jpg
木津川飛行場跡の石碑がありました。
IMG_2078_EL2.jpg
昭和4年から10年間だけの短い運命だったようです。
この新木津川大橋はスケール、デザイン、どれをとっても日本一にふさわしい橋ですね。
今度は夜景にチャレンジするかな。


カテゴリー: 木津川 タグ: , パーマリンク

新木津川大橋 への8件のフィードバック

  1. SECRET: 0
    PASS: a92fe1d1761850dad4ad4e3299651fbc
    最近、車でこの橋を2回ほど渡りました。
    1度目は夕方に大正区側から。
    道路の両側にそびえ立つ工場と、夕日。鳥肌が立ちました。写真を撮れば良かった。。。超おすすめの光景ですよ。
    そして、橋を渡ろうとすると、グルグル・・・・どこまで回るねん!って感じですね。
    2度目は朝に住之江区側から。
    下りのグルグルも、かなり我慢強く踏ん張りました。オートマ車の左足部にあるフットレストが初めて役に立ちました(笑

  2. カオス のコメント:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    やっぱり中山製鋼所は夕方がベストな時間帯ですよねえ。
    この日は青空だったのでいまいちでした。
    この3層ループは車で上るとほんとに目が回りそうになりますね。
    左足の踏ん張りも重要です(笑)。

  3. yuufumi のコメント:

    SECRET: 0
    PASS: ec6a6536ca304edf844d1d248a4f08dc
    新木津川大橋。素晴らしい橋ですね。
    今回も詳細な記事とお写真で、また一つ大阪の知識が増えました。
    今までに阪神高速湾岸線から遠くに見かけたことはあったのですけど、実際に近くに行ったことや、
    通ったことはありませんでした。
    日本一のアーチ橋で大正区側がループ構造になっていたりして、魅力ある橋ですよね~。
    この橋からの眺めを見てみたいので、私も夜景を撮影に出かけてみようかと思いました。

  4. カオス のコメント:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    この橋は見ごたえありますよ。
    3層ループの真下に立つと圧倒的な存在感ですし、水面上50mの眺めも抜群です。
    撮影しながらとなると歩いて上ることになりますね。
    大正区側の橋の入口を少し過ぎたところにコインパーキングがあるので、
    そこに車を止められます。
    ただ、いきなり夜に行くのはやめておいたほうがいいと思います。(結構不気味ですよ)
    昼間に行って雰囲気を確かめてから再チャレンジするのが賢明です。

  5. 浩美 のコメント:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    私もここが大好きです。自転車で豊中から、ときどきいきます。眺めもいいし、三段ループのところもいいですよね。自転車だったら、時速35kmぐらいでましたよ。

  6. カオス のコメント:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    豊中から自転車ですか!すごいですねえ。。。
    あの三層ループからアーチにかけてのフォルムはほんとに美しいですよね!
    橋上からの眺めも最高です。

  7. 浩美 のコメント:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    夜に行ってたりしてるんですか。私は、まだ中学生なので夜には、行けないんです。
    しかも、中山製鋼所を夜に通る自信ないです(´Д⊂
    高校生ぐらいになったら行けるようになりますかね。。
    この先の IKEA も気に入ってるんです\_(^◇^)♥/
    でも、この橋が一番いいですよね(^~^)

  8. カオス のコメント:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    さすがに夜は行ってないですよ。
    あの辺りを自転車で夜間走行するのはやめておいたほうがいいと思います。
    高校生どころか今でも無理(笑)
    車でピューッと走ると夜景は抜群にキレイです!
    それまで夜間はガマンしましょう(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>