旧大林組本店

前回記事の福原ビルから2軒隣にも近代建築があります。
IMG_7502_EL1.jpg
[旧大林組本店] 1926年(大正15)完成。鉄骨鉄筋コンクリート造6階建。
手前のビルは7階建ですが、ビルの高さは同じです。
さすがは近代建築ですね。
1973年(昭和45)に大阪で最初の超高層ビルとして建設された大林ビルディング
(道路を挟んで向かい側に建ってます)に本社を移転するまではここが大林組の本社でした。
現在は辻学園調理技術研究センターとなってますが、3階には大林組歴史館があります。
IMG_7514_EL1.jpg
正面入口です。
やっぱり大正時代に建てられたビルは豪華ですねえ。
IMG_7515_EL1.jpg
修復の跡もありますが、保存状態も良好です。
IMG_7517_EL1.jpg
ビルの中央部分が特に装飾されてます。
しかしここは歩道が狭くて、なかなかいいアングルで撮るのがむずかしい...
IMG_7510_EL1.jpg
裏にまわってみました。
表側と全くいっしょのデザインでした。
中央の3列のみ装飾で囲んでますが、ちょうど5階だけがすべてアーチ窓になっているところなんか
さりげなくアクセントになっていて見つけたときはうなってしまいます。
最上階には「ル・ポンドシェル」の文字が見えます。
(フランス料理「ル・ポンドシェル」が1階、2階で営業してます)
IMG_7519_EL.jpg
天神橋からの眺めも最高です。

カテゴリー: 北船場エリア タグ: , パーマリンク

旧大林組本店 への1件のフィードバック

  1. 明治建築研究会 のコメント:

    SECRET: 0
    PASS: f96ba96a87b1b88995f9853d2b4d3006
    旧大林組本店(大正15年竣工)は文化財クラスの優れた近代の名建築です。後世に悔いを残さないためにも、早急に文化財の選定についてご検討をお願いします。地元の保存の動きに対して明治建築研究会からも応援をしています。水都大阪の魅力的な街造りのために歴史建築の保全活用をご検討ください。歴史遺産の保全・活用を関係方面へ呼びかけています。御検討をよろしくお願いします。明治建築研究会。

明治建築研究会 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA