汐見橋線の旅(中編)

途中からご覧の方は最初からどうぞ
汐見橋駅
汐見橋線の旅(前編)
岸里玉出駅はもともと岸里駅と玉出駅の2つの駅を1993年の南海本線高架化に伴い、統合されました。
IMG_6371_EL.jpg
この駅から南海本線と高野線に分かれていきます。とはいっても実際は駅の手前で別れているので、お互いのホームはだいぶ離れてます。
日曜日だからでしょうか、駅のコンコースはこのようにガラーンとしてます。
まあ、この駅には各停の電車しか止まらないので混雑することはないのでしょう。
昔の岸里駅はちょうどカーブしていて、電車が通過すると「キーーーッ!」と車輪とレールの摩擦音がすごかったのを思い出します。
駅舎もだいぶ古くてレトロ感たっぷりの情緒あるものでした。
なんか知らないうちに味気ない駅になってしまい、ちょっと残念です。
さあ、西天下茶屋に向けて出発です。
汐見橋線沿いに歩いていくと、さっそくこんなものが...
IMG_6379_EL.jpg
木彫りの仏像でしょうか?
アパートの前にゴミといっしょに無造作に置いて?あります。
この辺は大阪の下町情緒あふれる町で、昔ながらの風景もまだまだ残ってます。
IMG_6380_EL.jpg
この赤い鉄橋もいい味出してます。
すると突然後ろから「チョーットスイマセーン」の声に振り向くと、ごつい外国人が目の前に...
IMG_6383_EL.jpg
「ワタシハシャシンガダイスキデース、ウメシュトイッショニトッテクダサーイ」
ということで梅酒といっしょに記念撮影です。この後、握手して別れました。
気さくな人が多くていいところです...
IMG_6387_EL.jpg
いい具合に歩道橋があったので近づいて撮れました。
相当古いんでしょうねえ。
IMG_6389_EL.jpg
ここで国道26号線と交差してるのか...
この鉄橋は昔から知ってましたが、これが汐見橋線だったと初めて知りました。
IMG_6390_EL.jpg
だんだん高架から平地に変わっていくところです。
それにしても桁下2.5メートルは低いですねえ...
IMG_6392_EL.jpg
ここにも再開発の波が押し寄せているようですね。右には更地が広がってます。
それにしても暑いっ!!(8月10日です)
IMG_6398_EL.jpg
ようやく西天下茶屋駅に到着しました。
いいですよ!ここは!
駅舎といい、周りの風景といい、たまりませんわ。
IMG_6407_EL.jpg
[西天下茶屋駅] 1915年(大正4)開業。
この駅舎は当時からの建物かどうかはわかりませんが、文句なしにいいです!
IMG_6402_EL.jpg
この駅舎のあるほうは岸里玉出方面です。
今は完全無人駅になっています。
IMG_6405_EL.jpg
古いままの駅名板と建物が完全にマッチしていて、窓の形もいうことなし!
夜景も撮ってみたいですね。
IMG_6400_EL.jpg
汐見橋駅の駅名板が新しいものに付け替えられてたんですが、ここはこのままにしてほしいです。
IMG_6412_EL.jpg
こっちは汐見橋駅方面の構内です。向こうと違ってこじんまりとしてます。
当然こちらも無人です。自動改札機が2台設置してあるのは意外でした。
IMG_6413_EL.jpg
乗車駅証明書ってどんなときに使うんでしょうか?
汐見橋線の各駅についてはまた後日に1駅ごとに記事にしようと思います。
IMG_6411_EL.jpg
踏切から撮ってみました。
チン電の松虫~東天下茶屋によく似てるなあ。
高校時代を思い出す風景です。
IMG_6397_EL.jpg
振り返るとそこには古びたホームがあります。
線路上の雑草がローカルな感じを一層引き立てています。
今日はここまでです。(記事にしたい写真が多すぎてどれをはずすか苦労するなあ...)
明日はホームの様子から終点までアップします。
次回へつづく・・・

カテゴリー: 汐見橋線 タグ: パーマリンク

汐見橋線の旅(中編) への7件のフィードバック

  1. SECRET: 0
    PASS: a92fe1d1761850dad4ad4e3299651fbc
    なるほど!
    なにわ筋の南端は、南海汐見橋線に沿ってつくり、松虫通に接続、ってことだったんですね。
    工事の進捗状況からして、もう少しでなにわ筋もとりあえず開通でしょうか。
    しかしながら、汐見橋線がなにわ筋線として生まれ変わるのはいつになるのでしょうか。。。
    (汐見橋線のこの雰囲気がなくなるのも寂しいですが)

  2. カオス のコメント:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    いやあ、的確なコメントありがとうございます。
    8枚目の写真は、なにわ筋の延長工事だったんですね。
    そういえばこの線路沿いの道路はもう少し先で北方向に延びていたんですが、やけに広い道路やなあと思ってました。
    あとは線路沿い道路の舗装が完了すると開通できそうでしたよ。
    なにわ筋線の計画があるのも初めて知りました。
    汐見橋・JR難波から新大阪まで結ぶ路線なんですね。
    現状ではなかなか具体化してないみたいですが...
    それで汐見橋線は利用者が極端に少ないのにもかかわらず、複線を維持しているということですね。

  3. KIKO のコメント:

    SECRET: 0
    PASS: 0f0321a866415aaea598cff0a6b7c9bc
    何時も見ている風景をPCで見られて嬉しいような恥ずかしいような?
    可愛そうな木彫りの観音様の前は時々通る事があります。
    汐見線は貸切電車で、のんびりしているでしょう。
    とても見たままを自然に撮られている所がすばらしい。

  4. カオス のコメント:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    KIKOさんの地元は汐見橋沿線なんですか?
    大阪で生まれ育ってウン十年ですが、汐見橋線は初めて乗りました。
    あの観音様はずいぶん前からあそこにあるんですか?
    雨ざらしでだいぶ痛んでましたね。
    汐見橋線は最高でした。
    でも昔の岸里駅を知っているだけに、高架駅になってしまったのはちょっと残念ですけど。

  5. KIKO のコメント:

    SECRET: 0
    PASS: 0f0321a866415aaea598cff0a6b7c9bc
    昔の岸里駅をご存知ですか?
    私も其処から通学に本線を利用していました。
    でもあまりにも昔の事で忘れちゃった。
    汐見橋線は此処と終点駅にしか降りた事が有りません。
    岸里駅も西天下茶屋のような風情でしたね。
    あの観音様は何時からあるんだろう?(^_-)-☆

  6. カオス のコメント:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    高校時代は北畠まで通ってたので、岸里駅周辺も行動範囲でした。
    気が付いたらあの駅舎はなくなっていましたね。
    高野線のカーブを電車が通るときにキーーーッという音はしっかりと覚えてます。

  7. 匿名 のコメント:

    僕は、神奈川県在住の関東の人間ですが、関東(首都圏)東京に人、お金、物流が流れ込みすぎている日本の現状を打破するのは、大阪を始めとする近畿エリアだと強く思っております。
    汐見橋線エリアは、千日前線、阪神なんば線等の乗り入れも便利ですし、JR難波駅や南海難波駅等からも左程遠くないので是非とも再開発をして汐見橋線も電車本数の増発、車両を増やしたり駅の改修(トイレ等)に本線同様に力を入れれば、会社や商店が出来たり、マンションや戸建ての住宅を建設したりすれば利用者・居住者も自然と増えるので南海電鉄にとってもプラスになりますし是非共行うべきです。他の地方都市ならいざ知らず、なぜ南海電鉄は汐見橋線を疎かにするのか理解出来ないしこんなに魅力がある場所なのに何もせずに怠慢すぎます。僕が南海電鉄の会長なら再開発をおこなって汐見橋線も魅力ある場所にしています。(少なくとも現状よりもまともになっています。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA