近代建築の今昔(2)


今日は近代建築カテゴリーの4番目からです。
まずは大阪ガスビルです。
IMG_4349_EL1.jpg
2008年6月撮影
白と黒の外壁が青空にマッチしますねえ。
では竣工当時の写真を見てみると
大阪ガスビル
[近代大阪の建築]より
コーナーから左側は変わりないですが、右側(北側)が寸足らずです。
竣工当時(1933年)は時計もあったんですね。
ビルの北側部分は1966年(昭和41)に増築されているので、そのときに時計は撤去されたんだと思います。
次は浜寺公園駅です。
IMG_9648_EL1.jpg
2008年6月撮影
浜寺公園駅
[近代大阪の建築]より
これはおそらく昭和50年代の写真と思われます。
まず、駅名の表示がシンプルです。それと、改札口に駅員がいます。
まだ自動改札機じゃなかったんですね。
浜寺停車場
[近代大阪の建築]より
いきなり時代が飛んでますね。
1907年(明治40)当時の写真でしょうか。当時は浜寺停車場でした。
停車場前にはタクシーならぬ人力車が停車してます。
結構賑わっているのは、当時は浜寺水泳場は高級リゾート地だったからでしょうか。
IMG_6583_EL1.jpg
よく似たアングルの写真がこれしかなかったです。
屋根の上の煙突らしきものがなくなってますが、100年たっても変わらぬ姿には感心します。
次は生駒ビルヂングです。
IMG_7315_EL1.jpg
2008年6月撮影
生駒ビルヂング1
[近代大阪の建築]より
昭和50年代の写真と思われます。
ビル1階は生駒時計店の店舗があります。いつ頃移転したんでしょう。
現在の1階はコナコーヒー専門店です。
生駒ビルヂング2
[近代大阪の建築]より
竣工当時(1930年)の写真と思われます。
当時は堺筋が大阪のメインストリートだったんですが、こんな高層ビルは周りにはありませんでした。
今でいう最先端ビルだったんでしょう。
この生駒ビルヂングの北側には澤之鶴ビルがありました。(1931年竣工)
澤之鶴ビルディング
[近代大阪の建築]より
左に写っている影が生駒ビルヂングです。
大阪くらしの今昔館で、昭和7年当時の様子がジオラマで再現されています。
澤之鶴ビルディングをちゃんと撮っていなかったのが残念でが、ちょろっと写ってますので
この記事を見てください。
当時の堺筋を上から見た様子はこんなんです。(ジオラマ)
IMG_0957_EL.jpg
ほとんどが瓦屋根の建物です。
その中でも生駒ビルヂングは一番目立ってます。


カテゴリー: 昔写真 タグ: , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。