大阪府庁「正庁の間」


前回記事からの続きです。

大阪府庁本館の5階に上がり、通路を進むとそこには『正庁の間』と書かれた部屋があります。

IMG7_70733
大阪府庁本館は1926年に竣工した、現在の都道府県庁舎のなかで最も古い建物です。
そしてこの「正庁の間」はかつて人事発令や式典などの際に使用されていた特別な部屋でした。
しかし近年は執務室等として使用されていましたが、2011年にこれを竣工当時の姿に復元改修を行い、
水曜日と金曜日のみ一般公開しているんです。

それでは中へ入ってみることにしましょう。

IMG7_70838
おお~!
中には誰もいなくて、入口付近にポツンとウェルカムボードと見学スポットのパンフレットが置かれていました。

IMG7_70739
5・6階吹抜けの空間はなかなかのもんですよ!素晴らしい!

IMG7_70744
一般公開が始まったのは去年1月からだったので、その直後はおそらく見学者もたくさん訪れていたと思うけど、
この日はタイミングが良かったのか、まさに貸切独占状態でした。

IMG7_70751
天井のステンドグラスは国内最大級らしいです。

IMG7_70821
そしてシャンデリアは当時の部材のまま復元されたそうです。

IMG7_70808
式典のときにはここに偉いさんが立つんでしょうか。

IMG7_70809
室内の装飾も見事ですね。

IMG7_70814
天使のメダリオンもピッカピカ。

IMG7_70826
これが竣工時の写真。

IMG7_70758
そして復元された正庁の間。
細部に至るまで正確に復元されたことがよくわかります。

前回記事で書いていた「アレ」とはこの部屋のことだと思うでしょ?
まあ、ここもそうなんですけど、僕がいちばん見たかった「アレ」とは。。。

IMG7_70760
あの3枚窓からの眺めなんです。

IMG7_70688
正面玄関の中央部にあるあの3枚窓ですよ!

IMG7_70766
これでですよ!コレがアレですよ!!

IMG7_70765
ここから眺める大阪城は最高です!

IMG7_70796
今までいろんなアングルから大阪城を見てきたけど、ここから眺めるのはもちろん初めて。

IMG7_70772
残念ながら窓はロックされていて開けることはできなかったけど、それでも充分満足でした。

IMG7_70857
正庁の間を独占して十二分に堪能したので、そろそろおいとますることに。

IMG7_70860
あっ!あれは!
なんと、少し前まで松井知事の会見が行われていたようです。このときはもう後片付けをしていました。

IMG7_70868
この看板はテレビで見たことあるぞ。
あの会見は中央の吹抜ホール3階でやってたのか。。。知事室は2階なんですけどねえ。

じつはこの後、もうひとつの見どころの場所へ移動するのであった。
また続く。。。


カテゴリー: 市内その他 タグ: パーマリンク

大阪府庁「正庁の間」 への4件のフィードバック

  1. えれな のコメント:

    正庁の間、綺麗なんですが、
    壁に掛けられている絵画に、紫外線(日光)が当たり痛みそうで心配です。
    変色やヒビ割れの原因にならないか気になります。
    大阪府や市は美術品に理解がないのか、扱いが凄く雑に思えます。
    美術品修復はかなりお金がかかりますし、貴重な作品ですから大切に扱って欲しいです。

    • カオス のコメント:

      たしかに著名な画家による大阪の風景画(1950年代)が飾られていました。フラッシュなしなら撮影OKでしたが、ブログに公開するのはダメとのことなのであえて触れてませんでした。
      あの部屋は空調が効いていて、湿度も抑えられているのかなあと思いましたが、紫外線はどうなんでしょうね。
      竣工時の写真には絵画はなかったので、絵画が痛む恐れがあるなら飾らなくてもいいと思いますね。

  2. ミリちゃん のコメント:

    私はアレを夜に見ました。
    真っ暗な中に、ライトアップされた大阪城はとても幻想的でした。

    • カオス のコメント:

      闇夜に光を浴びた大阪城はホントに美しいですよね。
      プリンセス・トヨトミのときは赤く光ってましたけどね(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。