中之島図書館

受験生の頃は図書館の自習室よくいってました。
夕陽丘図書館(現在は特許情報センター)や中央図書館にはお世話になったんですが
中之島図書館は入ったことがなかったです。
そこで、大阪の近代建築としても代表的存在である中之島図書館へ行ってきました。
IMG_0245_EL1.jpg
[大阪府立中之島図書館] 1904年(明治37)完成。建築費用は住友吉左衛門の寄付です。
1922年(大正11)に左右の両翼を増築して現在の形となっています。
とても図書館の建物とは思えない、すごい存在感です。
ただ、写真撮影には厳しい位置です。正面は西向きになっていて、このすぐ後ろには
大阪市役所があるので、午前中は逆光で午後は市役所の影になってしまいます。

IMG_0248_EL1.jpg
この正面玄関は普段は閉まっていて、入館者は左右にある入り口から入ります。
IMG_0249_EL1.jpg
開館時の名称である「大阪図書館」のままですね。
1974年に名称変更があり、大阪府立中之島図書館となっています。
同時に国の重要文化財に指定されてます。
では開館当時の中之島周辺を見てみましょう。
na001.jpg
[大阪市パノラマ地図」より
これは1923年(大正12)当時の様子です。
中之島図書館は既に増築部分も完成し、今と同じ姿です。
淀屋橋には日本銀行大阪支店も既にあるし、大阪市庁は1921年に完成した初代の建物です。
裏側には豊国神社がありますが、現在は大阪市役所が図書館前まで建ってます。
中央公会堂は1918年(大正7)に完成してます。今と同じですね。
その隣には大阪ホテルがありました。現在は大阪市立東洋陶磁美術館になってます。
裁判所は昔からこの位置にあったんですね。控訴院という名称でした。
この地図は建物や市電なども描かれていて、見ていて飽きないです。
では中に入ります。
建物内部は申請用紙に記入してから許可を得ないと撮影できません。
というわけで、撮影許可をもらいバッチをつけて撮影してきました。
IMG_0153_EL1.jpg
いいですねえ。この感じ。
ここは建物中央の吹き抜け部分です。(撮影ができるのはここだけです)
こういう歴史的建築の内部に誰でも自由に出入りできるというのはすばらしいことだと思います。
図書館なのでシーンとしてますし、見入ってしまいました。
見上げるとドーム天井がドーンと目に入ってきます。
IMG_0158_EL1.jpg
もうなにも言うことはありません。
IMG_0209_EL1.jpg
この模様は建築当時のものでしょうか?
ひび割れしているところもあるのでそんな気がするんですが、保存状態はいいですね。
IMG_0161_EL1.jpg
正面階段を上がると、なにやら漢文のようなものがあります。
左には建築費用を寄付した住友家15代目家長の住友吉左衛門の名前があります。
IMG_0169_EL1.jpg
ところどころ欠けています。これも歴史の重さを感じます。
IMG_0170_EL1.jpg
彫刻も飾ってありました。「野神像」となってます。
IMG_0232_EL1.jpg
ここが図書館とはとても思えません。迎賓館のロビーにでもいるような雰囲気がします。
(迎賓館がどんなところかは全然しらないけど...)
IMG_0250_EL1.jpg
外から見るとドーム天井がちょっとだけ見えます。
さっそく利用者カードも作ったし、これからもちょくちょく足を運ぼうと思います。
大満足の一日でした。

カテゴリー: 中之島エリア タグ: , パーマリンク

中之島図書館 への2件のフィードバック

  1. 新之介 のコメント:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    私も学生の頃にちょこちょこ行っていて
    しばらく行っていなかったんですが
    最近、また行くようになりました。
    中に入ると学生時代を思い出します。
    ニアミスするかもしれませんね(笑)

  2. カオス のコメント:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    3階の大阪資料室ですよね。
    興味を引く本がゴロゴロありました。
    これはニアミスの可能性十分ありますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA