ダイビル本館グランドオープン


ついに、7月6日にダイビル本館がグランドオープンしました!

IMG7_69036
このブログを始めるきっかけになったダイビル本館が復活したというのは、感慨深いものがあります。
オープン2日目の日曜日にさっそくやって来ましたよ。

IMG7_69044
以前はテナントは1階だけだったけど、今度は2階にもあるんですね。
でもまだ全部埋まってはないようです。

IMG7_69027
歩道の柄もダイビル仕様になってるようです。スクラッチタイルをイメージしているかな?
そしてビル正面側に沿って、なにか設置してあるようです。

IMG7_69023
なんと、テラス席になってる。。。

IMG7_69019
正面入口の東側もテラス席。
それにズラーッと全面ガラスで、店内から外が見えるようになってます。
以前は壁一面に広告が並んでいたので、だいぶ印象が変わってオシャレ感がアップした気がします。

IMG_6066_P4
ちなみに以前はこんな感じ。
当時は全く気にならなかったけど、現在の姿と見てしまうと、う~ん…となるなあ。

IMG7_69006
そして正面玄関。できたてホヤホヤのビルなのにこの重厚感はすごいなぁ。

IMG7_69002
この部分が変わってるからか。というより、最初の竣工当時を再現したのだろうか。

IMG_4962_P1
以前の正面玄関はアルミ?のドアでした。

さあ、いよいよダイビル本館の中へ足を踏み入れます。あ、自動ドアになってました。

IMG7_69001
2箇所の自動ドアをくぐり、くるっと振り返った眺めです。
想像通り、内部もちゃんと装飾が施されていました。

それでは、正面ロビーの様子を見てみましょう!
おっと、その前に以前のロビーはこうでした。

IMG_5896_P4
今でもはっきり憶えてます。初めてこのロビーを見た時の衝撃を。
素晴らしい!

お待たせしました。では復活したダイビル本館のロビーをどうぞ!
IMG7_68899
なんということでしょう~!

あ、そのフレーズは前回記事でやってた(笑)

建替え前のロビーとなんら遜色ないですね!
これぞダイビル本館のロビーやね!! パーフェクト!!!

IMG7_68869
吹き抜けもちゃんとあって、完全再現されてます。

IMG7_68870
以前はロビー両側に6基のエレベーターがあったところはポッカリと空間になってました。
これは2階まで商業施設になったことにより、エレベーターの位置を変更したと思います。
あ、奥にある箱のようなものはもしかして・・・

IMG7_68883
これはまさしくダイビルの私設郵便函。
これも復活してたようです。でも実際に使用はしてないでしょう。

IMG_4910_P1
以前もほぼ同じ場所に設置されていました。
各階には郵便差入口があり、投入するとこの郵便函に保管され、まとめて郵便屋さんが集配してたんです。

IMG7_68881
正面ロビーから左側の眺め。
通路は以前と同じですが、エレベーターがあった場所はこのように空間となってます。

IMG7_68879
そして正面ロビーから右側にはこのような大空間が広がってました。
どことなく隣の中之島ダイビルの雰囲気に似てるなあ。

IMG7_68891
さてさて、今度は2階へ上がってみよう。

IMG7_68913
エスカレーターで2階へ上がってきました。
天井照明は玄関ロビーと同じではないけど、形は似せているようです。

左側の通路を歩いていくと・・・

IMG7_68917
正面ロビー吹き抜けの2階部分です。
両側にエレベーターがないので、より広く感じられます。
そしてあの鉄柵も復活したものなのかな?

IMG7_68949
安全上のためか、ガラスで覆われているけど、どうやら以前のものを使用している感じです。

では2階からの素晴らしい眺めをどうぞ!

IMG7_68925
奥からの眺め。

IMG7_68919
手前から入口方向の眺め。

IMG7_68922
手前から奥方向の眺め。どの方向から見ても素晴らしい!

そういえば、この吊り下げ照明灯は以前にはなかったです。
もしかしたら竣工当時は存在していたのかな?

あと、天井の照明も変更してますね。

IMG_5843_P4
以前は白熱電球だったのが・・・

IMG7_68971
おそらくLED照明なのかな?星形の照明が美しい模様を照らしてます。
天井装飾は忠実に再現してますねえ。

IMG7_68944
正面ロビーのタイルも以前と同じ感じなんですけど、これが再利用してるのかどうかちょっと判断がつかなかった。

IMG7_69000
う~ん・・・新しいタイルのような気もするけどなぁ。。。
でもそんなことはたいしたことではないですね。

IMG7_68994
いやぁ~、まさしくダイビル本館が蘇ったのをしっかり見届けましたよ!
大阪の近代建築が次々と取り壊されていくなかで、この復活っぷりには最大の賛辞を送りたいです!

IMG7_69033
ダイビルのフラッグシップはまた新たな歴史の航海に出発していくのであった。

<関連記事>
ダイビルPart1 (2008/5/21)
ダイビルPart2 (2008/5/22)
大阪名品喫茶 大大阪 (2009/4/1)
ダイビル探検(1) (2009/4/4)
ダイビル探検(2) (2009/4/5)
ダイビル探検(3) (2009/4/6)
ダイビル本館がついに閉鎖 (2009/10/10)
フェスティバルタワー着工と、ダイビル解体 (2010/1/28)
ダイビル解体現場 (2010/5/8)
ダイビル本館が姿を現した! (2012/9/23)
ダイビル本館もうすぐ竣工 (2013/1/16)
ダイビル本館の装飾が見えた! (2013/2/11)
ダイビル本館と広場 (2013/4/3)

大林組歴史館 (2008/11/11)
光のルネサンス再び (2008/12/21)


カテゴリー: 中之島エリア タグ: パーマリンク

ダイビル本館グランドオープン への4件のフィードバック

  1. 淡島八景 のコメント:

    私も丁度昨日、見に行って来たところですよ!
    予想をはるかに超える重厚さと再現率は本当に素晴らしいと思います。
    個人的には「ダイビルサロン”1923″」で高橋葉介のマンガ「夢幻紳士」で知った旧日比谷ダイビルの外壁彫刻が展示してあったのも嬉しい収穫でしたね。
    願わくは、21世紀前半を代表する大阪の名建築として後世まで愛されんことを…。

    • カオス のコメント:

      おお!さっそく行かれたんですね。
      僕が行ったのはまだ開店前でほとんど人がいない時間だったので、「ダイビルサロン1923」のことも気づくことなく、そのまま帰ってしまいました。
      今度ぜひダイビルサロンに行ってみます!

  2. ぽり のコメント:

    こんにちは。 1,2Fのテナントはすべて埋まっています。ローソンやダルマイヤーさんなど2区画を1つで使っていたりするので看板の盤面と数があわないだけです。看板デザインなど建築主導なのでしょう。 われわれ商業施設の設計さんだど通常はフレキシブルに対応できるようにするのですけれど 一度決めたデザイン修正とか建築主導だと大抵修正できなくなります。
     外部は華やぎましたが内部空間は逆に裏方のようになってしまって建築主導だとこうなってしまうのはわかっていましたけど、出来てしまうとやっぱりね。 建築系でない商業施設士を企画段階から入れておかないとダメなんですよ。 PS 4Fのカフェテリアだと昔ながらのダイビル価格で食事ができます。 テナントが大林以外あまり埋まっていないので 食事の提供数はセーブしているようでランチA,B,Cはすぐに売切れです。

    • カオス のコメント:

      コメントありがとうございます。
      なるほど、そういう理由があったんですね。たしかに実際にフロアを見てみると、空き店舗がないようだったのでおかしいな?と思ってました。
      でも、一般の人があのテナント看板を見ると僕と同じように勘違いしてしまうでしょうね。あそこを通りがかったときに、空き店舗があるような印象を受けるのはダイビルにとっても決してプラスにはならないと思うんです。
      4Fにカフェテリアがあることは知らなかったです。今度行ってみます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。