「東洋のマンチェスター」から「大大阪」へ


先日たまたまネットで近代大阪について調べていたら、ど真ん中ストライクの情報にぶち当たりました。
大阪大学総合学術博物館 第8回企画展
「東洋のマンチェスター」から「大大阪」へ -経済でたどる近代大阪のあゆみ-
handai.jpg
IMG_9948.jpg
というわけで、やって来ました。 しかも初めての阪大です。
阪急宝塚線の石橋駅から徒歩10分ぐらいで到着です。
IMG_9950.jpg
すぐ目の前ですね。
右方向には大阪大学豊中キャンパスが広がっています。
IMG_9952.jpg
阪大にこんな博物館があったとは...
しかも無料です。
IMG_9970.jpg
なかなか渋い建物です。
中に入ると
IMG_9953.jpg
なんか得たいの知れない物体が...
IMG_9956.jpg
これはでかい!
なんとワニ化石の復元模型です。
1964年(昭和39)にこの豊中キャンパスの理学部校舎建設現場から日本で初めて発見されたものです。
「マチカネワニ」という名前です。
※この1階ロビーの撮影は許可を頂いたんですが、ここから先は撮影禁止です。
とりあえず、本命の企画展を見るため3階へ行きました。
最初に展示してあったのが、1枚目画像に載っている「大阪市パノラマ地図」の現物です。
大正13年に発行されたもので、縦78.5cm・横108.6cmの大きい地図でした。
これがものすごく細かく描かれていて見ていて興奮するほどです。
市電の路線図も全て網羅してあり、この時代は堺筋がメインストリートだったことが
よくわかります。
有名な建物も描かれており、中之島の中央公会堂、中之島図書館、日銀大阪支店など
当時から同じ姿をしていたことがよくわかります。
工場の煙突からは煙がなびいているし、市電も走っているし、大阪梅田停車場付近には
人も歩いている様子がリアルです。
今と同じ地名もたくさんあるし、長堀通りはまだ川だったし、四ツ橋も4つの橋が架かってたし、
見ていて飽きることがないです。
この地図の前であっという間に1時間が経過してました。
この他にも、以前大阪証券取引所をブログに書いたときに「これ誰や?」と言っていた五代友厚についても詳しく紹介してます。
大阪にあった三十四銀行、山口銀行、鴻池銀行の3行が合併して三和銀行ができたとか、その鴻池銀行の総勘定元帳も本物が展示してあり、大阪が日本の工業の中心であったと同時に金融でも中心だったことがよくわかります。
まさに「大大阪時代」の貴重な資料の数々はすごい!です。
なんせ、撮影禁止のうえメモを取るのも禁止なので1回見ただけでは全部頭に入りません。
7月5日までやってるので、また行くでしょう。
常設展もなかなかのものでした。
まず、1階で見たでかいワニの化石(本物)や豊中キャンパスにある待兼山の自然や生物の標本を展示してある「待兼山に学ぶ」コーナーもおもしろいし、2階には「みる科学」コーナーがあり、顕微鏡について展示してあります。
「大阪大学の系譜」コーナーでは阪大の成り立ちについていろんな展示物と説明がありました。
「コンピュータの黎明期」コーナーでは戦後まもなく阪大で真空管コンピュータの研究がはじまり、開発したコンピュータの現物もありました。
こんなすばらしい施設を無料開放しているのに一般にはあまり知られてないのが残念です。
このブログを見て一人でも多くの方に訪れてもらえたらうれしいです。
そういえば、あの「大阪市パノラマ地図」をどっかで見た記憶があったんですが...
今まで撮った写真を探してみると
IMG_4878_EL1.jpg
ありました!(右にある大きな額)
ダイビル1階の大阪名品喫茶「大大阪」に飾ってありました。
復刻版が発売されているらしいので、大きい書店いくつか問い合わせたんですが入手できなかったです。
よし、直接「大大阪」へ行って聞いてみようと行ってみた所、ここで売ってました。
即ゲットです。
IMG_0148.jpg
これに合う額縁を探さねば。。。


カテゴリー: イベント タグ: パーマリンク

「東洋のマンチェスター」から「大大阪」へ への2件のフィードバック

  1. TOSSY のコメント:

    SECRET: 0
    PASS: 7961dc917e06640016068f33abbd81d7
    あしあとからやってきました
    待兼山のワニ こんなに大きいのが出たのですね
    待兼山にワニが出たのは知っていましたが 写真も見たことはありませんでした
    大学内の博物館 いいものをしているのですね
    石橋に阪大 まだ会ったのですね 千里のほうに引っ越したと思っていました
    ここは 中学生の頃模擬テストの会場になっていて何度か行きましたが 阪大には入れませんでした

  2. カオス のコメント:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    TOSSYさん こんにちは
    わざわざコメントありがとうございます。
    新之介さんの「十三のいま昔を歩こう」のコメント経由でちょこちょこ拝見していました。
    実際の化石はガラスケースに入っていて迫力満点でした。小さい昆虫も顕微鏡で自由に観察できるようになっていておもしろかったです。
    これからもよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。