ダイビル Part 1


大阪には結構古い建築物があることはなんとなく知ってはいたが、
それを写真に撮るという発想はなかった。
EOS 40Dを買ってから、ネットでデジタル一眼で撮った写真のブログを見ていて、
このビルが目に留まった。ダイビルです。
さっそく現地に行った。(中之島の堂島川沿い)
[ダイビル本館] 1926年完成
ダイビル1
すばらしい外観です。 ここは車で何度も通ったことがあるはずなのに
なんで今まで気がつかなかったのか...
しかし、このビルは2009年に取り壊しが決定している。
既にダイビル後方には超高層ビルが迫っており、やばい雰囲気だ。
ダイビル2
右後方のでかいのは関電ビルディング。
地上41階、地下5階、高さ195m の大阪で4番目の超高層ビルだ。(2004年12月完成)
左後方の建設中のビルは中之島ダイビル。2009年3月完成予定。
最後にこのダイビル本館が建て替えられて、2012年に完成予定となっている。
ダイビル3
このコーナーの曲線がなんともいえない。
ダイビル4
正面玄関の装飾も見事です。
ほんとにこれも解体してしまうのか?
内部も撮ってきました。
ダイビル4
吹き抜けの玄関ホール。 歴史を感じます。
ダイビル5

ダイビル6

ダイビル7

ダイビル8

ダイビル9

ダイビル10
廊下のタイルは1926年当時のもの。
真ん中に写っているのが、大阪名品喫茶「大大阪」です。
ちょっと寄ってきました。
もうすでに近代建築にはまってます。
長くなるのでつづく...


カテゴリー: 中之島エリア タグ: , パーマリンク

ダイビル Part 1 への3件のフィードバック

  1. 新之介 のコメント:

    SECRET: 1
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    こんにちは。
    教えていただきたいのですけど
    ダイビルのビル内は
    撮影許可がいるのかな?
    この時はゲリラ的に撮ったのですか?
    今度、出動しようと思ってるんですけど
    どうしようか迷ってます。
    参考に教えていただけると助かります。

  2. ダイビルの歴史

    ダイビルの歴史
    ダイビル解体のカウントダウンはすでに始まっています。市民の反対の声は結局企業のトップには届かなかったのでしょうか…

  3. 明治建築研究会 のコメント:

    SECRET: 0
    PASS: f96ba96a87b1b88995f9853d2b4d3006
    後世に悔いを残さないためにも歴史遺産の保全・活用を、かけがえのない歴史建築は開発的保全再生を図るべきです。現在でもある保存の要望に対して専門家からも最後まで再生の応援をしています。解体は大阪の恥です。魅力的な街造りのために歴史建築の保全活用をご検討くださるよう関係方面へ呼びかけています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。